街の景色、出会う人々、主人公の心が移り変わる姿に癒される和み映画『転々』

最新ニュース

『転々』 -(C) 2007「転々」フィルムパートナーズ
  • 『転々』 -(C) 2007「転々」フィルムパートナーズ
  • 『転々』 -(C) 2007「転々」フィルムパートナーズ
  • 『転々』 -(C) 2007「転々」フィルムパートナーズ
人気ドラマ「時効警察」の三木聡監督とオダギリジョーが再びタッグを組んで贈るのが本作『転々』だ。84万円の借金を抱える大学8年の文哉(オダギリジョー)は、借金取りの福原(三浦友和)から一緒に東京の街を散歩してくれたら借金はチャラ、しかも現金100万円をくれるという提案をされ、東京散歩をすることに。そして、福原が満足するまで東京を歩くこと、霞ヶ関という目的地があること、という変な条件付きの散歩に付き合っていくうちに愛情? 友情? が生まれていく…。

東京の街をただ歩くだけのゆる〜い物語だと思っていきや、それはちょっと違って、そのゆる〜い中に監督お得意の「クスッ」と笑みがこぼれてしまう小ネタが満載、さらにドキッとする事件も発生。2人の散歩が終わる頃にはあったかい気持ちと切なさが込み上げてくる。

しかも今回はオダギリジョーと三浦友和の会話劇が何とも絶妙で、特に三浦友和のコミカルな演技を見たことのない人にとっては、福原役の三浦友和が新鮮に映るはず。岩松了、ふせえり、松重豊ら三木聡監督作品の常連である個性派キャストに加え、散歩の途中で次々と現れる登場人物にもひとひねりあったり…。タイトルが物語る“転々”のように、街の景色、出会う人々、そして主人公の心が移り変わっていく姿に心が癒されていく“和み”映画なのである。

《text:Rie Shintani》

関連ニュース

特集

page top