人類を救う“おバカ”称賛ムービーに、大阪発のおバカ3人組が熱いロックを贈る!

最新ニュース

『ダーウィン・アワード』
  • 『ダーウィン・アワード』
  • 大阪発ロックバンド「ザ50回転ズ」
  • 『ダーウィン・アワード』
ダーウィン賞——それは、最も愚かな方法で死に至り、バカな遺伝子を減らし人類に貢献した人へ贈られる、名誉ある賞。数年前、極めて馬鹿げた実話と都市伝説がアメリカのインターネット上で駆け巡り誕生した、実在の賞を題材に描かれる、人類の究極の愚かさを描いたコメディ『ダーウィン・アワード』。12月1日(土)の公開に向けて、人気・知名度ともに急上昇中のロックバンド「ザ50回転ズ」が本作のイメージソングを手がけることが判明した。このたびの日本公開にあたり、本国アメリカの権利元から“バカで熱い日本のロックンローラーとの楽曲タイアップを”とのお達しがあったことから、一斉に始まった今回の楽曲探し。そこで数ある楽曲の中から、ライブとビールの過剰摂取をこよなく愛する、自称“大阪ロックンロール少年院”生まれのおバカ3人組「ザ50回転ズ」に白羽の矢が立った。

実はこの映画には、アメリカの伝説的メタルバンド「メタリカ」の4人がカメオ出演しているが、彼らに強く刺激されて、メロディも歌詞も完全にオリジナルの楽曲が映画用に書き下ろされた。その名も「拝啓、ご先祖様」というこの楽曲は、11月17日(土)よりMTVにて放映される『ダーウィン・アワード』のスポットCMの中で披露される。

さらに、「日本版ダーウィン・アワード」と題した、一般の人からおバカCMを募集したキャンペーンに加え、新たな“おバカ”キャンペーンを実施。本作で、ジョセフ・ファインズ扮する主人公・マイケルのパートナー、シリ役のウィノナ・ライダーが、ブログパーツならぬ“エログパーツ”に登場する。11月16日(金)より配布が開始されるこのエログパーツ、その実体は公式ホームページまで。

人類の歴史を塗り替えたダーウィンの進化論を逆手にとり、新たな“進化論”を打ち立てる『ダーウィン・アワード』は12月1日(土)よりシネセゾン渋谷ほか全国にて公開。

『ダーウィン・アワード』公式ホームページ
http://darwin-award.jp/index.html
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top