塩谷瞬、海外進出? 熱いロックンロール魂を見せる『ロボ☆ロック』舞台挨拶

最新ニュース

『ROBO☆ROCK ロボ☆ロック』試写会に登場した塩谷瞬と「カウンターズ」の面々
  • 『ROBO☆ROCK ロボ☆ロック』試写会に登場した塩谷瞬と「カウンターズ」の面々
  • 劇中では“グレート・マサル・バンド”のボーカルとして歌声を披露
  • 明言は避けたが海外進出のオファーもあるとか
『ブレイブ・ストーリー』に『アフロサムライ』などデジタルアニメーションの先駆者として確固たる評価を得ているアニメプロダクション「GONZO」が挑んだ初の実写映画『ROBO☆ROCK ロボ☆ロック』。本作の試写会が11月15日(木)に行われ、主演の塩谷瞬が上映前の舞台挨拶に登壇した。

劇中で“グレートマサルバンド”のボーカルとして歌声を披露している塩谷さん。試写会の冒頭では、劇中で歌う「ロックシンガーはサカナを喰わない」のPVが上映された。「おれはサカナを喰わねぇ!」と叫び「サカナ! サカナ!」と繰り返す塩谷さんの姿に会場は爆笑。そしてPV上映が終わると、演奏を担当しているロックバンド「カウンターズ」のメンバーを引き連れて塩谷さんが登場。ロックシンガーとして威風堂々と…と思いきや塩谷さんは開口一番「恥ずかしい…」。初めて脚本でこの歌の部分を読んだときは「すげぇな。どんな曲になるんだ?」と思ったという塩谷さんだが、その先には驚くべき撮影が! 「これまでの出演作でも劇中で歌うことはあったんですが、今回が一番練習時間がなかったですね。というか曲渡されていきなり本番、という感じでした。リハーサルもしてないのにスタッフさんは『よしいってみよう! 大丈夫、瞬に合わせるから』って…。(須賀大観)監督はあっさり『良かったよ』って言ってくださったんですが、こっちは『おい本当かよ!?』って(笑)。1週間くらい眠れなかったです」と収録の様子を語ってくれた。

「カウンターズ」のリーダー・グンも“異様な”収録現場についてこう証言。「演奏が終わって監督が『はい、カット!』って言ったかと思ったら僕のところに来て『グンさん、どうですかね?』って。おれが決めるんじゃねーだろ!(笑)」。ちなみにグンさんにロックンローラ−は本当に魚を食べないのかを訊いてみると「僕はわりと食べますね」と即答。「ロッカーじゃないじゃん!」という塩谷さんの突っ込みに慌てて「あ、でも刺身だけです」と意味不明の言い訳を語った。塩谷さんが同じ質問に対し「この映画をやって以来、魚を食べてま…ん…」と文字通り言葉を濁らせると会場は笑いに包まれた。

そして話題はやっと本題の作品について。塩谷さんが見どころとして挙げてくれたのはやはりロボ。「後半にロボット(ランドツェッペリン)が出てくるシーンはハリウッドばりの大迫力です!」と胸を張る。作品はCGを駆使した映像で観る者を魅了する一方で、“夢見たっていいだろ。俺の人生だ!”と青春を駆け抜ける熱き若者たちの姿を描くが、ずばり塩谷さんの夢は? 「夢はたくさんありますが、これまで思い描いた夢を着実にひとつひとつ手に入れてきました。この先も、まだ詳しく発表はできないんですが、より大きなステージに向かってチャレンジしていきたいと思います」。詳しく言えないということだが、どうやら海外進出に向けて、水面下で様々な動きがある模様。ちなみにロックンローラーとしてではなく「俳優としてですよ(笑)」とのこと。最後にこれから映画を観る人たちに向けて「おもちゃ箱をひっくり返したようなハチャメチャな映画です。大人から子供まで楽しんで観ていただけると思います」と語ってくれた。

青春“ロボット”ムービー『ROBO☆ROCK ロボ☆ロック』は11月23日(祝・金)より渋谷Q−AXほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top