ダニエル・ラドクリフの物憂げな眼差しが印象的な『ディセンバー・ボーイズ』

ハリー・ポッター役でおなじみのダニエル・ラドクリフが出演する青春ストーリー。誕生日の贈り物として、海辺の村での休暇をプレゼントされた12月生まれの孤児4人が、夏真っ只中の12月、オーストラリアを舞台に、愛と友情、さらには成長の物語を織り成していく。

最新ニュース

『ディセンバー・ボーイズ』 -(C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 『ディセンバー・ボーイズ』 -(C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 『ディセンバー・ボーイズ』 -(C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 『ディセンバー・ボーイズ』 -(C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
ハリー・ポッター役でおなじみのダニエル・ラドクリフが出演する青春ストーリー。誕生日の贈り物として、海辺の村での休暇をプレゼントされた12月生まれの孤児4人が、夏真っ只中の12月、オーストラリアを舞台に、愛と友情、さらには成長の物語を織り成していく。

選ばれしハリーのイメージが強いダニエル・ラドクリフが、引き取り手のないまま年齢を重ねる孤児の憂鬱を物憂げな眼差しで静かに表現。成長した肉体を持て余すような立ち居ふる舞いが、ダニエル本人とも重なって見える気がする。また、成長物語の主人公として、初めての恋に身を投じる場面も。『明日、君がいない』で注目を集めた美少女、テリーサ・パーマーを相手に、生々しくも不器用な恋のやりとりを披露する。

青春映画と呼ぶにはしっとりと落ち着いた雰囲気の作品に仕上がっているが、だからこそ少年たちを演じたダニエルらのみずみずしさが際立って見える。養父母を渇望する主人公たちが繰り広げる、ささやかな心理戦の結末も見もの。それらすべてを包み込むオーストラリアの広大な風景も効果的だ。

ダニエルが「シンプルだけれど、すごく美しいと思った」と言うストーリーの原作はマイケル・ヌーナンの同名小説。監督は「バッファロー・ガールズ」のロッド・ハーディーが務めている。

《text:Hikaru Watanabe》

特集

page top