アル・パチーノを「スパゲッティ」!? 88コンビ多岐川華子&渡部いずみ、爆弾発言

残された時間は、88分——。いきなり死を宣告された一人の男が、4人の美女に狙われるという、名優アル・パチーノの3年ぶりの主演作『88ミニッツ』。3月22日(土)の公開に先駆けて、グラビアアイドルの多岐川華子と渡部いずみをゲストに迎えて本作のトークショー付き試写会が行われた。

最新ニュース レポート
『88ミニッツ』トークイベントにて “88シスターズ”多岐川華子&渡部いずみ
  • 『88ミニッツ』トークイベントにて “88シスターズ”多岐川華子&渡部いずみ
残された時間は、88分——。いきなり死を宣告された一人の男が、4人の美女に狙われるという、名優アル・パチーノの3年ぶりの主演作『88ミニッツ』。3月22日(土)の公開に先駆けて、グラビアアイドルの多岐川華子と渡部いずみをゲストに迎えて本作のトークショー付き試写会が行われた。

多岐川さんは1988年生まれ、渡部さんはバスト88cmということで、アル・「パチ」ーノとタイトルの『88(ぱちぱち)ミニッツ』を掛け合わせ、このたび“88(ぱちぱち)シスターズ”を結成。パチーノ演じる精神分析医という設定で、多岐川さんは白衣、渡部さんは劇中に登場する美女を真似て、水着にエプロン姿で登場した。劇中の美女顔負けのポーズを決めたが、信じがたいことに、実は2人ともアル・パチーノのことを知らないという…。多岐川さんは「名前は知っていたけど、映画は観たことがなかったです」と言い出し、渡部さんに至っては「コーヒーかスパゲッティ? とかしかわからなくて」という始末…。さすがにアル・パチーノの代表作『ゴッドファーザー』は知ってるだろうと、会場に流れた名曲「愛のテーマ」について聞くと、多岐川さんは「知ってます! 友達のケータイの着ウタとかで」と、会場を笑わせた。さらに「お母さん(多岐川裕美)からお話を聞いたことがないか?」との粘りの質問には「母は年齢的なこともあり、現実的な男性しか見ないので聞かないですね」と、最後までマイペースぶりを発揮した。

2人が揃って「ハラハラドキドキしてすごく楽しいです」とお薦めする、臨場感あふれるリアルタイム・サスペンス『88ミニッツ』。全米公開よりいち早く、3月22日(土)より銀座シネパトスほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top