フランス映画祭2008記者会見 ソフィー・マルソー「映画は喜び、欲望であり愛」

3月13日(木)に豪華俳優、女優陣によるレッドカーペットイベントと共に華やかに幕を開けたフランス映画祭2008。開幕にともない今年の団長を務めるソフィー・マルソー、映画祭を主催するユニフランス会長のマーガレット・メネゴーズ、そして駐日フランス大使、フィリップ・フォールが出席しての記者会見が行なわれた。

最新ニュース
「フランス映画祭2008」オープニング会見。左からマーガレット・メネゴーズユニフランス会長、ソフィー・マルソー、フィリップ・フォール駐日フランス大使。
  • 「フランス映画祭2008」オープニング会見。左からマーガレット・メネゴーズユニフランス会長、ソフィー・マルソー、フィリップ・フォール駐日フランス大使。
3月13日(木)に豪華俳優、女優陣によるレッドカーペットイベントと共に華やかに幕を開けたフランス映画祭2008。開幕にともない今年の団長を務めるソフィー・マルソー、映画祭を主催するユニフランス会長のマーガレット・メネゴーズ、そして駐日フランス大使、フィリップ・フォールが出席しての記者会見が行なわれた。

13歳で映画デビューを果たした『ラ・ブーム』以来、フランス映画を代表するミューズとして日本でも愛され続けてきたソフィー。詰めかけた報道陣を前に「こうしてフランス映画祭代表団団長として日本に来れたことをとても嬉しく思います」と挨拶。さらに、近年の映画界の風潮について「映像や好みの画一化が目立ってきているように思います。だからこそ、私は文化的なアイデンティティを守っていきたいと考えています」とコメントした。「私にとって映画は喜び、欲望であり愛」と映画への熱い想いを表現するソフィー。今回は自ら監督・脚本・主演を務めた『ドーヴィルに消えた女』を携えての来日となったが、今後の監督業と女優の両立については「監督と女優、どちらかを選ぶのは難しいですが、常にセクシーで魅力的な作品に関わっていきたい」と語ってくれた。

フォール大使は今年が日仏交流150周年目に当たるということで「今回の映画祭は、大変意義深いものになるでしょう。ぜひフランス映画の真髄を楽しんでいただければと思います」とコメント。

「フランス映画がまだ人々に愛されているのかが常に不安」というメネゴーズ会長だが、昨年の本映画祭の観客動員が、前年比の2倍であったことを挙げ「日本でこんなにも愛されているのだということを実感いたしました。私にとって来日は大切な家族との再会のようなものです。逆にフランスでも日本の作品や監督を温かく迎えることができれば、と思っています」と、さらなる交流の深まりを期待した。

13の未公開作品がスクリーンに登場する今年のフランス映画祭。映画の上映だけでなく来日ゲストによるサイン会やティーチインなどの企画も盛りだくさん。東京では3月16日(日)まで、大阪では3月16日(日)より3月18日(火)まで開催される。

フランス映画祭 2008
http://www.unifrance.jp/festival/index_pc.php

<東京会場>
期間:3月13日(木)〜16日(日)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ

<大阪会場>
期間:3月16日(日)〜3月18日(火)
会場:TOHOシネマズなんば
《text:cinemacafe.net》

特集

page top