松田美由紀が36年ぶり復活の不朽の青春映画と自身の初写真集の共通点を語る

15歳の少年ポールと14歳の少女ミシェルの甘酸っぱい恋と2人の成長を描き、“もう一つの『小さな恋のメロディ』”として36年前に日本中を席巻した青春映画『フレンズ/ポールとミシェル』。本作がこのたびDVDとして復活! これを記念して3月20日(祝・木)に、女優の松田美由紀をゲストに迎えてのトークイベントが開催された。

最新ニュース
『フレンズ/ポールとミシェル』DVD発売トークイベントに参加した松田美由紀。
  • 『フレンズ/ポールとミシェル』DVD発売トークイベントに参加した松田美由紀。
  • 『フレンズ/ポールとミシェル』 -(C) © 1971 by Paramount Pictures. All Rights Reserved. © 2008 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.
  • 『フレンズ/ポールとミシェル』 DVD -(C) 1971 by Paramount Pictures. All Rights Reserved. (C)  2008 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.
15歳の少年ポールと14歳の少女ミシェルの甘酸っぱい恋と2人の成長を描き、“もう一つの『小さな恋のメロディ』”として36年前に日本中を席巻した青春映画『フレンズ/ポールとミシェル』。本作がこのたびDVDとして復活! これを記念して3月20日(祝・木)に、女優の松田美由紀をゲストに迎えてのトークイベントが開催された。

松田さんは映画の公開当時をふり返り「あの頃はまた観たくなるような“愛ってこういうことなんだ”という恋愛の名作が多かったように思います。特に『フレンズ』は“LOVEってこういう色”と思えるような作品。エルトン・ジョンの音楽もピッタリでしたね」と懐かしそうな表情で語った。

劇中でヒロインの美少女、アニセー・アルビナが披露する衝撃的なヌードについて話が及ぶと松田さんは「あのシーンは初々しさがあり、キレイでピュアなヌードでしたね。普通の映画だと“そろそろ脱ぐのかな?”という期待感を持たせたりしてしまいがちなんですが、この作品はヌードと感じさせなかった。最初から魂がヌードという感じでしたね」と解説。

松田さん自身、女優として活躍する一方で写真家として、ヌード写真集「松田美由紀写真集 私の好きな孤独 片山 瞳」を5月上旬にリリースするが「この写真集は2年をかけて撮りました。本気で、魂を込めて作った作品です。“どう撮られたいか?”という女優ならではの視点で“脱いでも脱がなくても一緒” というヌードを撮りたかったんです。ヌードとは、誰にも見せないものであり、ある意味その人自身に一番近いものだと思います。『フレンズ』が好きな方ならきっと喜んでいただけると思います」とデビュー作に自信をのぞかせた。

『フレンズ ポールとミシェル』DVD
販売元:パラマウント ジャパン
価格:4,179円(税込)
発売中

松田美由紀写真集「私の好きな孤独−片山瞳」(リトルモア)
5月上旬発売予定

TM & Copyright © 1971 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.
TM. (R) & Copyright © 2008 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.
《text:cinemacafe.net》
page top