ランボーが銃を向ける敵は娘の恋人? シルヴェスター・スタローンご機嫌の来日会見 

軍事政権下で多くの人々が救いを求めるミャンマーで、あの男がいま一度、戦いに身を投じる——。ベトナム帰還兵の終わらぬ孤独な戦いを描いた大ヒットアクションシリーズの第4弾『ランボー 最後の戦場』が5月24日(土)より公開される。これに先立ち、本作の監督・脚本・主演を務めたシルヴェスター・スタローンが、共演のジュリー・ベンツ、グレアム・マクタヴィッシュとともに来日。5月7日(水)に記者会見が行われた。“ランボー”としては20年ぶりの来日とあって、多くの報道陣が詰めかけた。

最新ニュース
『ランボー 最後の戦場』来日記者会見。自らの手形を掲げるシルヴェスター・スタローン(中央)と共演のジュリー・ベンツ(左)、グレアム・マクタビッシュ(右)
  • 『ランボー 最後の戦場』来日記者会見。自らの手形を掲げるシルヴェスター・スタローン(中央)と共演のジュリー・ベンツ(左)、グレアム・マクタビッシュ(右)
  • 劇中で使用した弓を手にポーズを取るシルヴェスター・スタローン。
  • サラ役のジュリー・ベンツ。「このシリーズに出演できたことを誇りに思うわ」と笑顔を見せた。
軍事政権下で多くの人々が救いを求めるミャンマーで、あの男がいま一度、戦いに身を投じる——。ベトナム帰還兵の終わらぬ孤独な戦いを描いた大ヒットアクションシリーズの第4弾『ランボー 最後の戦場』が5月24日(土)より公開される。これに先立ち、本作の監督・脚本・主演を務めたシルヴェスター・スタローンが、共演のジュリー・ベンツ、グレアム・マクタヴィッシュとともに来日。5月7日(水)に記者会見が行われた。“ランボー”としては20年ぶりの来日とあって、多くの報道陣が詰めかけた。

シリーズ第3弾の『ランボー3/怒りのアフガン』から20年を経て、本作を製作した理由を「何と言っても前作の『ランボー3』に私自身が満足していなかったから」と語るスタローン。ミャンマーを物語の舞台に選んだことについては「ミャンマーにおける内戦は、すでに60年にも及びます。ですが世界の人々、特にアメリカ人の多くはその事実を知りません。アメリカ人に、自分たちの国の外で何が行われているのか、ということに目を向けてほしいと考えました。そうしてこの映画を作りましたが、非常にポジティブな結果が得られたと自負しています。タフな映画であり、時に目を背けたくなる場面もありますが、あえて観てもらうことで、ミャンマーの現状を理解していただけたのではないかと思います」と力強く語った。さらに、死者、行方不明者合わせて数万人にのぼる深刻な被害を出した、先日のミャンマーでのサイクロンについても触れ、「この災害を通じて、軍事政権が民衆の支援をしていないことが明らかになったと思います。悲劇的な災害ですが、このサイクロンと今回の映画を通じて、結果として世界の目がミャンマーに向けられることを願うばかりです」と付け加えた。

ジャングルでの撮影について聞いてみると「苦労の連続でした。忘れられないのが派手な爆破シーン撮影後のエピソードです。ランボーが爆発から命からがら逃げるシーンで、けがなく撮影を終えて『おれも歳とったな』なんて思いながら一息ついてました。そこから立ち上がった瞬間に、そこに生えていた竹に頭をぶつけて気絶してしまったんです。みなさんに覚えておいてほしいのは、ランボーはあらゆる戦場で無敵でしたが竹で頭を打って死亡したんです(笑)」と愉快そうにふり返った。

ジュリーとグレアムも、スタローンとの仕事を楽しんだ様子。ジュリーが「非常に内容が濃い、緊張感にあふれた濃密な経験をさせてもらいました」と語れば、グレアムも「監督・脚本・主演を兼ねたスタローンの、我々に対する期待と要求は大きなものでしたが、それに応えていくことに喜びを感じました」と充実した表情を見せた。

“最後の戦場”と名付けられているが「続編を作る気は?」と尋ねられると、スタローンは「実は、温めているアイディアがあるんです。メキシコのとある地域で、500人ほどの女性が、恐らく拉致されて行方不明になっているという事件を耳にしました。これをランボーが救出に向かうというストーリーを考えているんです。現代的な西部劇として描きたいですね。人々の命を救うために戦い続けるという彼の運命は、一生変わることがないのです」と構想を語った。

この日は、スタローンが本作で、実際に使用した弓が披露されたが、この弓にはスタローンのサインが記され、オークションに出品される。オークションの利益はユニセフに寄付されるとのこと。さらに、スタローンのこれまでの数々の功績を讃えて、スタローンの手形が記念に取られた。この手形は公開劇場で展示された後、日比谷シャンテ シネ敷地内の広場に、ほかのスターの手形とともに飾られる予定。

スタローンは会見中、終始ご機嫌。会見場に置かれた、ランボーが銃を構える特大の看板を指差して「最近、うちの娘がデートに誘われることが多いみたいなんです。これを我が家に飾って『うちの娘を本気で誘う気か?』って言ってやりたいね」と笑顔で語る一幕も見られた。

『ランボー 最後の戦場』は5月24日(土)より日比谷スカラ座ほか全国東宝洋画系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top