“ともだち”に原作と異なる新解釈! 『20世紀少年』 引退を懸けて臨むのは誰? 

累計発行部数2,000万部超、世界12か国で翻訳出版されている人気漫画「20世紀少年」(小学館刊)。つい先日発表された第37回日本漫画家協会賞で大賞を獲得した本作が、が、総製作費60億円をかけて三部作として映画化される。8月30日(土)の第1章公開に向けて、これまで徐々にキャスト陣や本編映像の一部が発表されてきたが、5月11日(日)に製作報告会見が行われた。堤幸彦監督に奥田誠治プロデューサー、原作者の浦沢直樹、企画・脚本の長崎尚志、そして主演の唐沢寿明を始め、豊川悦司、常盤貴子、黒木瞳、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、佐々木蔵之介、中村嘉葎雄、石橋蓮司、佐野史郎、片瀬那奈らスタッフ・キャスト陣合わせて16名が出席した。

最新ニュース レポート
『20世紀少年』製作報告会見。左から奥田誠治プロデューサー、佐々木蔵之介、堤幸彦監督、石塚英彦、佐野史郎、黒木瞳、石橋蓮司、豊川悦司、中村嘉葎雄、唐沢寿明、片瀬那奈、常盤貴子、浦沢直樹、香川照之、長崎尚志、宇梶剛士
  • 『20世紀少年』製作報告会見。左から奥田誠治プロデューサー、佐々木蔵之介、堤幸彦監督、石塚英彦、佐野史郎、黒木瞳、石橋蓮司、豊川悦司、中村嘉葎雄、唐沢寿明、片瀬那奈、常盤貴子、浦沢直樹、香川照之、長崎尚志、宇梶剛士
  • 『20世紀少年』製作報告会見にて。主演の唐沢寿明。
  • 『20世紀少年』製作報告会見にて。オッチョ役の豊川悦司。
累計発行部数2,000万部超、世界12か国で翻訳出版されている人気漫画「20世紀少年」(小学館刊)。つい先日発表された第37回日本漫画家協会賞で大賞を獲得した本作が、が、総製作費60億円をかけて三部作として映画化される。8月30日(土)の第1章公開に向けて、これまで徐々にキャスト陣や本編映像の一部が発表されてきたが、5月11日(日)に製作報告会見が行われた。堤幸彦監督に奥田誠治プロデューサー、原作者の浦沢直樹、企画・脚本の長崎尚志、そして主演の唐沢寿明を始め、豊川悦司、常盤貴子、黒木瞳、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、佐々木蔵之介、中村嘉葎雄、石橋蓮司、佐野史郎、片瀬那奈らスタッフ・キャスト陣合わせて16名が出席した。

人類を救うべく立ち上がる主人公・ケンヂ役の唐沢さんは「いい年してロボットと戦うシーンでわくわくしてます(笑)。原作のファンを裏切らないように、そして原作を知らない方にも楽しんでいただけるように、という気持ちで演じています」と楽しそうに語る。だが、唐沢さんによると、俳優陣の中には悲壮な決意で本作に臨んでいる方もいるようで、「実は、ヨシツネ役の香川くんが『引退を懸けて臨む』と言ってまして。僕はそれには賛成できないんですが…」とのこと。いきなり名前を出されてあっけにとられる香川さんだが、ほかの共演陣はお構いなしに「香川くんはその気でも、僕にはそんなつもりはないです。この三部作で、俳優として飛躍したい」(豊川さん=オッチョ役)、「撮っても撮っても終わらない現場を楽しんでいます。でも、もしものことがあると、香川さんが引退してしまうので…」(常盤さん=ユキジ役)と煽りながらも他人事? この仕打ちに香川さんは、マイクを握るなり「引退します!」と先走って引退宣言。会場は笑いに包まれた。香川さんは「西暦2000年に何かが起こるっていうのは、僕らの世代にとって非常にポピュラーな話でした。そういう意味で役にすんなり入っていけました」と語り、佐野さん(=ヤン坊/マー坊役)もこれにうなずき「ケンヂたちのやってることはどれもこれも、僕が子供の頃にやっていたこと(笑)。何でそんなこと知ってるのか、浦沢さんにじっくり話が聞きたいです」と語った。

ケンヂの姉・キリコに扮する黒木さんは「原作を読み始めたらやめられなくなって、自分ひとりで『おかわりください』と言いながら次々と読み進めてました」とコメント。同じく原作を読むに当たって、貴重な体験をしたというのは万丈目胤舟(まんじょうめ・いんしゅう)役の石橋さん。「渋谷の漫画喫茶に生まれて初めて足を踏み入れました。最初は2時間くらいあれば読めるかと思ってたんですが、3日間通いました」とのこと。

敷島ミカ役の片瀬さんも原作の大ファンで「連載時から毎週読んでました。『電柱でも万博の“太陽の塔”でもいいから出演したい!』と思ってましたが人間の役で感無量です」と並々ならぬ意気込みを語った。

マルオ役の石塚さんは、出席者に配られたミネラルウォーターを指して「製作費60億の内の5,000円分でいいのでこちらに回して、この水をコーラにしてほしい(笑)」とデブの本領を発揮。「マルオは僕そのものと思い込んで演じてます」としっかり自らの役のアピールもしてくれた。

モンちゃん役の宇梶さんは「現場で、みなさんの顔を見ていると、どの顔もまぶしいです。余計なことを考えずに集中できる現場です」と充実した表情で語った。

作品の見どころに話が及ぶと、豊川さんはマスコミには非公開の特大オープンセットについて語り「やること一つ一つのスケールがでかくて、一方で堤監督の演出はミクロ的に小さいです。このギャップが映画の個性になってます」と語ってくれた。

中村さんは、予知夢能力を持つホームレスの“神様”を演じるが「神はあまりしゃべらないものですが、一言だけ。今日、夢を見ました。この映画は当たります!」と断言。そして、フクベエに扮する佐々木さんは「この映画に出ることになって、周囲の反応がすごいんです。『出るんだよね?』とものすごい熱をもって言われます」と周りの期待の高さを楽しんでいるような口ぶりで語った。

三部作のメガホンを握る堤監督は「このような大きなチャンスは、一生に一度もらえるかどうかというもの。原作を知っていても知らなくても、楽しんでいただけるようにしたいです」と決意を語った。

浦沢さんは自らの作品がこうして映像化されることについて「まさに、秘密基地での悪だくみが本当のことになった気分」と心情を説明。ちなみに、浦沢さんと長崎さんは第1章の脚本にも参加しているが、物語の大きな鍵を握るキャラクター“ともだち”の人物像については、「新たな解釈が加わる」(長崎さん)とのこと。さらに、奥田プロデューサーによると、本作はすでに日本のみならず、アジアでの公開も決定しており、今後、アメリカやヨーロッパでの公開も正式に決まる見通しとのこと。いったいどのような作品が完成するのか? 『20世紀少年 第1章』は8月30日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top