小池元・環境大臣「自然はとにかくGREAT!」 石原良純とともに『アース』を語る

北極から南極まで、長きにわたる歳月と執念をかけて、地球に生きるものの命のドラマを撮ったドキュメンタリー『アース』。今年1月に公開されるや、ドキュメンタリー映画史上最高興収を樹立したこの大ヒット作が、早くも6月27日(金)にDVDでリリースされる。これを記念して、6月16日(月)に本作の試写会が行われ、ゲストとして元・環境大臣の小池百合子衆議院議員と俳優で気象予報士の石原良純が登壇した。

最新ニュース レポート
『アース』DVDトークイベント 小池百合子&石原良純
  • 『アース』DVDトークイベント 小池百合子&石原良純
北極から南極まで、長きにわたる歳月と執念をかけて、地球に生きるものの命のドラマを撮ったドキュメンタリー『アース』。今年1月に公開されるや、ドキュメンタリー映画史上最高興収を樹立したこの大ヒット作が、早くも6月27日(金)にDVDでリリースされる。これを記念して、6月16日(月)に本作の試写会が行われ、ゲストとして元・環境大臣の小池百合子衆議院議員と俳優で気象予報士の石原良純が登壇した。

世界最高峰の技術によって自然の美しさと厳しさを圧倒的な迫力で伝える本作。小池さんは「神様がいるとしか思えないような世界中の動植物たちの素晴らしい生態やアマゾンの姿を見たら、人間は到底叶わない。鳥たちの持つ、何とも言えない天然の色など、自然というのはとにかく“GREAT!”と思いましたし、この自然を守っていかなきゃいけないとつくづく感じました」と、圧倒された様子。中でも「クマが、行き着く先も分からないまま、ただただ泳いでいくシーンは心が痛みました」と感想を口にした。

普段、天気を通して自然と関わっている石原さんは、天気のことであれ環境問題であれ「まず楽しいことや美しいことを知って興味を持ってもらうことが重要」と力説。「地球の美しいところや素晴らしいところを知ってもらうことが、地球を大事に思うことの第一歩。そこから、地球がいまどうなっているのかを考える、そのきっかけになる映画だと思います」と作品について語った。

7月には“北海道洞爺湖サミット”が開催されるなど、エコや環境への関心がより一層高まっているが、2人も身近なところから温暖化問題への危機意識を感じているのだとか。小池さんは、俳人の黛まどかの言葉を借りて「最近は何を季語にしたらいいか分からないと言われますよね。お花や果物、植物も一年中ありますし、南の島の食べ物がいつでも手に入ったり。そういうことは、かつての日本人の感性からするとドキッとさせられることではないかと思います」と言う。また石原さんもいつになく真剣な表情で、「普段の暮らしの中でも『冬でもコートがいらない』とか『桜が3月に咲く』とか、多くの人がいろんなことで地球温暖化を感じているんじゃないかと思います。地球温暖化というのは、“先進国の飢餓”の結果なのではないか、と思います。これだけ世界が狭くなってくると、世界のどこかで起きていることは決して遠いことじゃないですね」と語ってくれた。

そして観客へ向けて、石原さんは「今日は『アース』を観てください。そして、明日は一番身近な大自然、空を見てください。みなさんもぜひ一日に一度、空を見上げてください」と大きくアピール。これに、小池さんが「『アース』と明日かけたの?」と茶化すも、最後には「地球はかけがえのない私たちの惑星です。この惑星を大切に守っていくためには、今日何が出来るかを考えて実行していただきたいと思います」と訴え、締めくくった。

環境問題に警鐘を鳴らす『アース』は6月27日(金)よりDVDリリース。

「アース プレミアム・エディション<2枚組>」
価格:4,935円(税込)
「アース スタンダード・エディション」
価格:3,360円(税込)
「アース(ブルーレイ)」
価格:4,935円(税込)
発売元/販売元:ギャガ・コミュニケーションズ
発売日:6月27日(金)

© BBC Worldwide 2007
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top