佐々木蔵之介 主演ドラマ第3弾で大先輩との共演に恐縮しきり

7月5日(月)スタートのTBS系ドラマ「ハンチョウ〜神南署安積班〜 シリーズ3」の製作会見が6月21日(月)、東京・新宿バルト9で行われ、連ドラ史上初となる本作の3D映像スポットCMが初披露された。

最新ニュース
「ハンチョウ〜神南署安積班〜 シリーズ3」製作会見  photo:Yoko Saito
  • 「ハンチョウ〜神南署安積班〜 シリーズ3」製作会見  photo:Yoko Saito
  • 「ハンチョウ〜神南署安積班〜 シリーズ3」製作会見  photo:Yoko Saito
7月5日(月)スタートのTBS系ドラマ「ハンチョウ〜神南署安積班〜 シリーズ3」の製作会見が6月21日(月)、東京・新宿バルト9で行われ、連ドラ史上初となる本作の3D映像スポットCMが初披露された。

佐々木蔵之介扮する警部補・安積剛志と若手刑事たちが熱い正義感と使命感で数々の事件解決に挑む姿を描く人気刑事ドラマシリーズの第3弾。披露された3DCMでは、佐々木さんのほか中村俊介、塚地武雅、黒谷友香、賀集利樹、山口翔悟の安積班6人が走り出すような姿が60秒にわたって展開。3Dメガネを装着して鑑賞した佐々木さんは、3D映像特有の立体感、臨場感に刺激された様子で「僕たちも気持ちが飛び出すような、奥行きのある芝居をしないといけないですね!」と改めて熱演の誓い。

塚地さんは「3は好きな数字。3D、シリーズ3で気持ちいい。シリーズ1、2のときは気持ちがノッていなかったけど、今回滅茶苦茶ノッています。4になったらまたノらなくなると思うけど」と会場の笑いを誘った。同CMは7月10日から都内の3D対応映画館で上映される。

一方で、本シリーズから新加入するキャスト3人、唐十郎、京野ことみ、本仮屋ユイカも初お披露目。演劇界の重鎮でカリスマ・唐さんは、神南署鑑識係長役で「おでん屋の屋台でゴロゴロしているような男です」と照れ笑い。同じ演劇界出身で、大先輩から「蔵ちゃん!」と呼ばれる佐々木さんは「まさか唐さんとご一緒させていただけるなんて。眼光鋭いというか…怖いし気を抜けない…唐さん、今度一緒に飲みに行きましょう」と恐縮しきりで低姿勢。塚地さんから「何で負けてんの?」と突っ込まれていた。

「ハンチョウ〜神南署安積班〜 シリーズ3」は7月5日(月)より放送開始(月曜22:00〜放送)。

《text:Yoko Saito》

関連ニュース

特集

page top