【TIFFレポート】加瀬亮、デニス・ホッパーの息子と朝4時までの付き合いを明かす

最新ニュース

『永遠の僕たち』舞台挨拶@第24回東京国際映画祭
  • 『永遠の僕たち』舞台挨拶@第24回東京国際映画祭
  • 『永遠の僕たち』舞台挨拶@第24回東京国際映画祭
  • 『永遠の僕たち』舞台挨拶@第24回東京国際映画祭
  • 『永遠の僕たち』舞台挨拶@第24回東京国際映画祭
  • 『永遠の僕たち』舞台挨拶@第24回東京国際映画祭
  • 『永遠の僕たち』舞台挨拶@第24回東京国際映画祭
  • 『永遠の僕たち』舞台挨拶@第24回東京国際映画祭
開催中の第24回東京国際映画祭の特別招待作品としてガス・ヴァン・サント監督の最新作『永遠の僕たち』が10月24日(月)に上映され、日本から元特攻隊員の“幽霊”の役で出演している加瀬亮が舞台挨拶に登壇した。

ヒロシ(加瀬さん)という名の自分にだけ見える幽霊が唯一の話し相手である青年が、余命3か月の少女との交流を通じて「生」について見つめ直す姿を描く。故デニス・ホッパーの息子・ヘンリーが主人公のイーノックを演じるほか、『アリス・イン・ワンダーランド』で鮮烈な印象を残したミア・ワシコウスカががんに侵された少女・アナベルに扮する。

元々、監督の作品のファンで「学生の頃に『マイ・プライベート・アイダホ』を何度も観た」という加瀬さん。その後、監督と知己を得たが、本作に参加することになった経緯について「ある日、夜中にパソコンを開いたら『今度の作品で役があるかもしれない』というメールが来てて脚本が添付してあったんです。読んで『良かった』と感想を返信したら『じゃあオーディションを受けてみろ』と言われました」と明かす。

その後、参加が決まってポートランドの撮影現場へ。「ヘンリーとミアは2週間ほどのリハーサルを終えた後だったんですが、監督と4人でカフェに行って『仲良くやれよ』と言われました」。特に共演シーンが長いヘンリーについて、加瀬さんは言葉を濁しつつ「みなさんのイメージとはものすごく違うと思います。お父さんの血を継いでるだけあります。こないだある映画祭から逃げ出して戻ってこなかったという話も聞きました」とその素顔を明かした。

撮影中もホテルの非常階段を通じて互いの部屋を行き来していたそうで「いつも朝の4時くらいまで僕の部屋にいました。僕は英語のセリフは初めてなので、撮影の前日も覚えたりしたかったんですが全く出来ず…。ヘンリーもセリフを全く覚えておらず(苦笑)。でも監督は何をしても現場で笑ってました」と2年前の撮影を楽しそうにふり返った。

劇中、ヒロシが手紙を読むシーンがあるが、それが日本語の手紙ということで小道具スタッフから手紙を用意するように頼まれたそうで「でも昔の言葉で旧仮名遣いなので、文学を教えている友人や100歳を超えている方、実際の特攻で生き残った方の元を訪れてチェックしてもらいました」と明かした。

『硫黄島からの手紙』に続いてのハリウッド作品となったが「自分の中に新しい風が入ってくる」という加瀬さん。さらに監督がゲイである点に触れ、本作で描かれる男女の愛やヒロシの存在について、マイノリティに属する監督ならではの視点、描写に言及。「現場でそうした部分を理解していなくて申し訳ない。僕がファンタジーであると感じていた部分が監督にとってはリアルだったのだと思います」と真摯に語っていた。

東京国際映画祭は10月30日(日)まで六本木ヒルズほか都内各所で開催中。

『永遠の僕たち』は12月23日(金・祝)より公開。

特集「東京国際映画祭のススメ2011」
http://blog.cinemacafe.net/special/111020/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top