小池徹平×生瀬勝久インタビュー 『サラリーマンNEO』は日本の縮図?

そもそもが“異色”のTV番組である。タイトル通り、サラリーマンの姿をこれまでにない新たな形で描き、コアな支持を集めるバラエティ番組「サラリーマンNEO」。常に“NHKらしからぬ”という枕詞でもって評されてきた本番組がまさかの映画化! しかもTVシリーズのようなコントやショートドラマによるオムニバスではなく、1本のストーリー映画として。さらに、過去のTVシリーズでメインを張ってきた生瀬勝久や沢村一樹を差し置いて主演を務めるのは、「NEO」未経験の小池徹平。まさに異色続きの劇場版となっているのだ。小池さんと生瀬さん——ビール会社の新入社員の主人公とその上司を演じた2人に今回の『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』の魅力を語ってもらった。

最新ニュース インタビュー
『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』小池徹平×生瀬勝久 photo:Naoki Kurozu
  • 『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』小池徹平×生瀬勝久 photo:Naoki Kurozu
  • 『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』 生瀬勝久 photo:Naoki Kurozu
  • 『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』 小池徹平 photo:Naoki Kurozu
  • 『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』 小池徹平×生瀬勝久 photo:Naoki Kurozu
  • 『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』 小池徹平 photo:Naoki Kurozu
  • 『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』 生瀬勝久 photo:Naoki Kurozu
  • 『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』 小池徹平 photo:Naoki Kurozu
そもそもが“異色”のTV番組である。タイトル通り、サラリーマンの姿をこれまでにない新たな形で描き、コアな支持を集めるバラエティ番組「サラリーマンNEO」。常に“NHKらしからぬ”という枕詞でもって評されてきた本番組がまさかの映画化! しかもTVシリーズのようなコントやショートドラマによるオムニバスではなく、1本のストーリー映画として。さらに、過去のTVシリーズでメインを張ってきた生瀬勝久や沢村一樹を差し置いて主演を務めるのは、「NEO」未経験の小池徹平。まさに異色続きの劇場版となっているのだ。小池さんと生瀬さん——ビール会社の新入社員の主人公とその上司を演じた2人に今回の『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』の魅力を語ってもらった。

今回の映画化を「夢にも思わなかった」と語るのは、8年前に単発の番組として始まったときから参加している生瀬さん。
「吉田(照幸)監督とはその頃から公私ともに仲良くしてて、毎年、レギュラー放送が終わると反省やふり返りのメールを交わしていたんです。4年目か5年目のメールに『実は、この番組を映画にしたいんです』と書いてあって、何をバカなこと言ってるんだ? と。まあそのメールに対しては全くのノーリアクションでした(笑)。だから今回の話を聞いたとき、『あれは本気だったんだ!?』と。それをずっと夢見てた監督が不思議でしたし、先日、試写で完成した映画を観て、監督の夢が結実したんだなと本当に感動しましたね。まさか本当に映画になると思ってなかったし…『ハゲタカ』ならわかりますよ(笑)! でもNHKで生まれたコント番組がね」。

多くのキャストがTVシリーズ経験者である中、「完全に外様でアウェー」(生瀬さん)の状態で参加した小池さん。そのプレッシャーは想像して余りあるが…。
「長年続いていて、メンツを見れば誰もがビビるこの作品に入るということでまずは勉強しなくちゃと思いまして、DVDでこれまでの番組を全部見ました。おそらく、現場で一番『NEO』に詳しい男になっていたと思います。みなさんが覚えていないようなコントまで鮮明に知っているという(笑)。それで本当に『NEO』が好きになりましたね。改めて、映画に出させていただくということでプレッシャーを越えて頑張らなくちゃという気持ちにもなりました」。

そんな小池さんの努力家の一面を示すのが、2人がゲームセンターで一緒にゲーム「太鼓の達人」に興じるシーン。小池さんはこのシーンのために何と、発売元のバンダイナムコに出向いて太鼓の特訓をしたという。
「バンダイナムコに『太鼓の達人』の達人がいるんですが、弟子入りして、バチの持ち方から叩き方まで教わりました。叩きすぎてほぼ病気みたいになって、音源を携帯に入れてエアーで叩けるようになってましたね」。

2人は過去にドラマ「ごくせん」で教師と生徒という関係で共演しているが、生瀬さんは当時をふり返り「あの頃は髪型しか気にしてなかったのに」と目を細める。
「いや、本当に頭が下がります。僕はうちのチビと一緒に家で練習するぐらいで…。まあ、あれですね、芝居に対する取り組み、アプローチの違い? おれはあくまでも叩いているような顔を見せる芝居というか…。というか、そこまでするほど大したシーンじゃないでしょ(笑)!」

26歳の年齢差を感じさせずピッタリ息の合った2人だが、生瀬さんは小池さんとのみならず、今回の劇場版を通じて「みんながすごく仲良くなった」と明かす。
「『NEO』って細かいコントの集まりで、1日にまとめて何本も撮るのでこれまでに互いにコミュニケーションをとることが意外になかったんですよ。今回、徹平くんも含め、照明待ちの時間や空き時間でいっぱいしゃべってすごく仲良くなりましたね」。

一方、演技面に関して、小池さんが主人公のまじめな新入社員役として加わったことで生み出された効果について生瀬さんはこう語る。
「レギュラーメンバーはどうしてもコント番組に参加しているという意識があるんです。サラリーマンを演じるというよりは、コントとして面白くしようとするし、デフォルメして表現しようとする。そういう意味で普通のドラマの芝居とはやはり少し違うんです。そこに徹平くんが新入社員として入ってきて、彼がまじめにやればやるほど周りはコントになるようなキャラクターを演じやすくなる。もし、レギュラーの誰かがこの役をやってたらきっとブレてたと思います。彼が入ってくれたことで物語として成立したと思います」。

この点については、小池さんも演じる上でかなり意識していたという。
「監督からも『普通に演じてくれ』と言われてましたし、自分がコントと物語のパイプ役として軸にならないと大変なことになるな、と思ってました。でも、難しかったですよ。あのメンバーの中にいたら、誰だって絶対に何かやりたくなっちゃいますから! みんな面白いんですもん。何度もそういう誘惑に駆られることがありましたよ」。

小池さんは特に、営業マンの川上を演じる沢村一樹の名を挙げ、濃くておっちょこちょいなそのキャラクターに引っ張られそうになったと告白。生瀬さんも「あの人(沢村さん)、普段からおっちょこちょいだからな」とポツリ。これをきっかけになぜか話題は沢村さんの「残念なハンサム」ぶりに集中。以下、2人の沢村さん評。

生瀬:かっこいいんだけど…もったいない。

小池:すごくかっこいいんですよ。それがなければもっとかっこいいのに…。

生瀬:うちにみんなで集まったときに、みんなでWiiで空飛ぶゲームをやったんだけど…。

小池:ダントツでかっこ悪かったですね(笑)。

生瀬:全然飛べないのね。普段、あんなにかっこよく踊ってるのに…(笑)。

閑話休題。生瀬さんは8年にわたって放送されてきたTVシリーズを含め「『サラリーマンNEO』は日本の縮図」と語る。その意味するところは?
「例えば新入社員の無礼さだったりとか、時代によって変わっていくけど、それを笑えるうちはまだ先があるし、笑えなくなったら病んでるということだと思う。だから笑わなくちゃいけないし、笑う余裕がなくちゃいけない。『お前も上の立場になったら分かるよ。年取れば分かるよ』。そういう世の中でいなくちゃけないし、だからこそ『NEO』は終わらないって思います。あとは、まだ働いていない若い人に映画を観てもらって、『意外に大人も大したことねぇな』と感じてもらえたら(笑)。社会ってのは学校での人間関係とそんなに変わってないよってね」。

新入社員に派遣社員、お局OLに中間管理職、経営者…あなたはどの立場で楽しむ? 芸達者な俳優陣のスクリーンでの掛け合いをお楽しみあれ!

《photo / text:Naoki Kurozu》

特集

関連記事

特集

page top