ジョニー・デップ、プライベート・ジェットで九死に一生の恐怖を体験

最新作『The Rum Diary』(原題)のプロモーションであちこち飛び回る日々が続いたジョニー・デップが、飛行機で移動中に死の恐怖を味わった体験を明かした。

最新ニュース ゴシップ
26日、N.Y.に訪れたジョニー・デップ -(C) Splash/AFLO
  • 26日、N.Y.に訪れたジョニー・デップ -(C) Splash/AFLO
最新作『The Rum Diary』(原題)のプロモーションであちこち飛び回る日々が続いたジョニー・デップが、飛行機で移動中に死の恐怖を味わった体験を明かした。

ジョニーが『The Rum Diary』のブルース・ロビンソン監督とプライベート・ジェットでロサンゼルスに向かう途中、突然飛行機のエンジンが止まるトラブルに見舞われたのだ。「急に飛行機が制御不能になったんだ。エンジン音が止まって、静寂に包まれた。ブルースと互いに顔を見合わせたよ。僕は『これか?』と言った気がする。宙に浮いた後、落ちていくような不快感が長く続いたように思えた」とジョニーは「Live Magazine」誌に語った。

乗り合わせた人々はみな、言葉を失っていたが、隣同士に座っていたジョニーとブルースだけは「『ヤバイ! これが死だ。こうやって落ちていくんだ』と叫んだ。それからヒステリックに笑い出したんだ。これが自分たちの死に方なのかと思ったらね」。幸いエンジンは復活し、飛行機は上昇、無事に目的地に到着した。ジョニーはこの出来事がきっかけでロビンソン監督と特別な絆が生まれたと語る。「ブルースと僕に大きな絆を結ぶ経験になったと言えるだろうね。あの瞬間、僕らは運命共同体になったわけだから」。



© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

特集

関連記事

特集

page top