山田洋次監督が「第二の故郷」柴又を練り歩き! 『東京家族』製作は来年春に再開

小津安二郎監督の名作『東京物語』が山田洋次監督の手で舞台化され、来年年明けに三越劇場で上演されることになり11月16日(火)、物語の舞台に近く、山田監督にとっては『男はつらいよ』でおなじみの東京・柴又の帝釈天で成功祈願イベントが開催された。山田監督に加え、水谷八重子、波乃久里子、安井昌二、英太郎、瀬戸摩純も出席し、柴又駅から帝釈天へと続く商店が立ち並ぶ参道をお囃子と共に練り歩いた。舞台化に加えて、本作をモチーフにした『東京家族』の製作も控えている山田監督は、東日本大震災の影響で延期となっていた撮影開始時期を来年3月と明かした。

最新ニュース レポート
舞台「東京物語」成功祈願イベント
  • 舞台「東京物語」成功祈願イベント
  • 舞台「東京物語」成功祈願イベント
  • 舞台「東京物語」成功祈願イベント
  • 舞台「東京物語」成功祈願イベント
  • 舞台「東京物語」成功祈願イベント
  • 舞台「東京物語」成功祈願イベント
  • 舞台「東京物語」成功祈願イベント
小津安二郎監督の名作『東京物語』が山田洋次監督の手で舞台化され、来年年明けに三越劇場で上演されることになり11月16日(火)、物語の舞台に近く、山田監督にとっては『男はつらいよ』でおなじみの東京・柴又の帝釈天で成功祈願イベントが開催された。山田監督に加え、水谷八重子、波乃久里子、安井昌二、英太郎、瀬戸摩純も出席し、柴又駅から帝釈天へと続く商店が立ち並ぶ参道をお囃子と共に練り歩いた。舞台化に加えて、本作をモチーフにした『東京家族』の製作も控えている山田監督は、東日本大震災の影響で延期となっていた撮影開始時期を来年3月と明かした。

オリジナルの映画は原節子、笠智衆らを迎え、1953年に公開。広島の尾道から久々に老夫婦が息子たちを訪ねるために上京するが、自分たちの生活に精いっぱいの息子たちからは歓迎されない。そんな中、戦死した息子の未亡人だけが彼らに尽くしてくれる。彼らのやり取りから失われつつある家族の情愛や日本人の心を映し出し、海外でも絶賛された。

山田監督は2年前に「劇団新派」と組んで小津監督の『麥秋』を舞台化し、初めて舞台の演出を手がけた。来年、監督生活50周年を迎える記念作品として今回、再び「新派」と組んで不朽の名作の舞台化の脚本、演出を手がける。

柴又駅前に姿を現した山田監督とキャスト陣は、お囃子に先導されながら参道を練り歩き、参拝のために“寅さん”の故郷を訪れた人々や地元の商店街など多くの人々がその道程を見守った。

監督自身「第二の故郷」と呼ぶ柴又での成功祈願に山田監督も笑顔。オリジナル映画では東京都荒川区とだけ設定されている物語の舞台を今回、あえて帝釈天からもほど近い葛飾区金町に変更。さらに、オリジナル版で原節子が演じ今回、瀬戸さんが扮する紀子の出身地を、震災の被災地である宮城県石巻市としたと明かした。「紀子のセリフで『常磐線で仙台まで行き、仙石線で石巻…そこが私の故郷(くに)です』というのが出てきます。老夫婦は西国の出身で、紀子の故郷は想像できない、というそんな会話も出てきます。(震災後の)いまの環境を重ねて見ることを意識してそうしました。(金町は)汽笛を鳴らして仙台や青森行きの列車が通る」とその意図を説明した。

水谷さんは「麥秋」に続く山田監督との仕事について「“ザッケローニ父さん”という感じで山田監督に付いていきます」と満面の笑みを浮かべ、喜びを語った。波乃さんは「帝釈天で頭を下げたら訳もなく涙が出てきました」とこみ上げる思いを明かす。英さんは「楽しみと怖さでいっぱいです」と期待と不安を口にした。

オリジナルで名優・笠智衆が演じた老父を演じる安井さんは「26、7の頃に小津監督の作品に出させてもらいましたが、何も分からないまま監督の下で『映画ってこんなに難しいものなのか』と苦労しました」と遠い日をふり返り、「それから何十年。同世代の男ということで何とか分かってるつもりです」と意気込みを語った。

同じく小津作品のヒロイン・原節子が演じた紀子を演じる瀬戸さんは「スクリーンで観ると(原さんは)本当に美しくてプレッシャーです。新しいものを作り上げるということで、あまり考えないで頑張りたいです」と抱負を述べた。

映画の『東京家族』は当初、今年の4月にクランクインを予定していたが、震災を受けて松竹より製作延期が発表されていた。妻夫木聡や蒼井優の出演が明らかになっているが、山田監督は「この舞台が終わったら準備を再開し、3月から撮影の予定」と明かし、「同じ原作で舞台と映画を作れるなんて僕は幸運です」と笑顔を見せていた。

舞台「東京物語」は2012年1月2日(月)より24日(火)まで東京・三越劇場にて上演。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top