瑛太が「おれを出せ」と直談判! 豊田利晃監督が最新作の秘話を明かす

瑛太、窪塚洋介らをキャストに迎えた豊田利晃監督最新作『モンスターズクラブ』が開催中の第12回東京フィルメックスで11月23日(水・祝)に上映され、豊田監督が観客とのQ&Aに登場した。

最新ニュース レポート
『モンスターズクラブ』Q&Aイベント@第12回東京フィルメックス
  • 『モンスターズクラブ』Q&Aイベント@第12回東京フィルメックス
  • 『モンスターズクラブ』Q&Aイベント@第12回東京フィルメックス
  • 『モンスターズクラブ』Q&Aイベント@第12回東京フィルメックス
瑛太、窪塚洋介らをキャストに迎えた豊田利晃監督最新作『モンスターズクラブ』が開催中の第12回東京フィルメックスで11月23日(水・祝)に上映され、豊田監督が観客とのQ&Aに登場した。

『青い春』、『空中庭園』などで知られる豊田監督の最新作で、全米を騒がせた爆弾魔“ユナボマー(本名:セオドア・ジョン・カジンスキー)”の事件に着想を得たという本作。世間から隔絶された山奥でたった一人、爆弾を作り、日本の社会に送りつける青年の前に自殺したはずの兄が現れる。兄に導かれ、家族の真実を知った青年がたどる数奇な運命を描き出す。

今年2月に山形県で撮影されたという本作。監督は「撮影中に瑛太のお父さんが亡くなったり、その後に震災があったりして、僕と瑛太にとって特別な作品になりました」と挨拶。瑛太さんとは『青い春』、『ナイン・ソウルズ』、『空中庭園』に続き4度目のタッグとなるが「3分ほどの短い短編を作っていたんですが、それを聞きつけた瑛太から直接『おれを出せ!』と電話がかかってきました。産休で休んでいた時期だったらしいけど、飽きたみたいで『早く現場に入りたい』ということでした」と出演の経緯を説明した。

編集作業のさなかに東日本大震災が起こったとのことで「(震災の影響で)内容は変わってはいないのですが、見え方は違ってくると思う。映画は世の中や社会を否定する男の話で、ちょうど3月頃、原発のことやTV局に対する批判が高まってた時期だったので、よりメッセージが伝わるんじゃないか。こんなときにこういう映画を作っていいのか? という思いはあったけど、それは観る人が決めてくれればいいと思ってます」と思いを語った。

本編のラストには渋谷のスクランブル交差点が登場するが、このシーンについて監督は「僕のデビュー作の『ポルノスター』はスクランブル交差点で始まるので、そこで雪を降らせて終わるのも面白いかなと思いました。雪降らして撮ってたら警察が来たので、逃げて終わりました」とゲリラ撮影だったことを明かした。

ユナボマーの事件に関して「爆弾や(山奥の)小屋の描写以外に直接的な影響はない」と言いつつ「ユナボマーにも観てもらいたい」と語るなど、大胆な発言で客席を沸かせていた。

『モンスターズクラブ』は2012年GW、ユーロスペースほかにて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top