73歳ミッキー・カーチス、懐かしの日劇に凱旋し生演奏!

『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』の矢口史靖監督の最新作『ロボジー』の公開を記念して、主演にして主題歌も担当するミッキー・カーチス(五十嵐信次郎)がかつて一世を風靡したロックの聖地“日劇”に凱旋! “新曲発表カーニバル”と銘打ってバンド「シルバー人材センター」の仲間たちと生演奏を披露した。

最新ニュース
『ロボジー』新曲発表カーニバル
  • 『ロボジー』新曲発表カーニバル
  • 『ロボジー』新曲発表カーニバル
  • 『ロボジー』新曲発表カーニバル
『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』の矢口史靖監督の最新作『ロボジー』の公開を記念して、主演にして主題歌も担当するミッキー・カーチス(五十嵐信次郎)がかつて一世を風靡したロックの聖地“日劇”に凱旋! “新曲発表カーニバル”と銘打ってバンド「シルバー人材センター」の仲間たちと生演奏を披露した。

家電メーカーの窓際3人組が社長命令で2足歩行ロボットを開発するも発表間際に大破。代わりにロボットの中に人を入れてピンチを乗り切ろうとするドタバタコメディで、カーチスさんはロボットの中に入る偏屈な老人を演じている。

半世紀前に日劇ウェスタンカーニバルに出演し、平尾昌晃、山下敬二郎と共に「ロカビリー3人男」と呼ばれたカーチスさんは、久々の日劇での演奏にノリノリ。本作の主題歌で、ステイクスの1983年のヒットナンバーをカバーした「Mr.ROBOTO」に加え、往年のロックメドレーを披露し、集まった観客の歓声を浴びた。バンドメンバーはロボットのヘルメットをかぶって登場したが、その中には「ゴダイゴ」のメンバーであり、カーチスさん同様にかつて日劇の舞台に上がった経験を持つミッキー吉野、浅野孝巳ら大物ミュージシャンの姿も! 観客は往年のスターたちの生演奏に酔いしれた。

演奏を終えたカーチスさんは「昔は黄色い声援が飛んだけど、いまは紫っぽいかな」と笑いつつ「様子は変わったけど懐かしい」としみじみと語った。初めてカーチスさんの演奏を目の当たりにした矢口監督は「こんなにかっこよかったんですね。そうと知らずに映画の中ではしょぼくれたおじいさんを演じてもらいました。失礼しました」と語り花束を手渡した。

カーチスさんは本作への主演が決定してから“五十嵐信次郎”に改名したが、矢口監督は「若い世代はミッキー・カーチスさんの名前を結構知らないので、外人が出てくるかと期待してしまう。だから73歳の新人俳優として『違う名前にしてみませんか?』と言いました」と説明した。

撮影は1月に行われたが、ロボットの中に入るときは「マイナス2度だったけど、ステテコ一丁」(カーチスさん)。装備はおよそ30キロで、トイレにも行けず、関節もかなり痛かったようで監督は「ほとんど老人虐待ですよね。申し訳ありません」と平謝り。カーチスさんは主題歌も含め「『やるよ』と気楽に言ったけど大変だった」とふり返りつつ「普段のおれにないものを引き出してもらった」と監督に感謝を伝えた。オーディションのときから髪やヒゲを切ることを了承していたというが、現場ではお尻を出すことまで要求されたとか…。カーチスさんは「何回も出してます!」と明かし、豪快に笑っていた。

『ロボジー』は2012年1月14日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top