溝端淳平、理想の家庭像を語るもしばらくは仕事が恋人?

壮大なスケールで描く話題のSFアドベンチャー・ドラマ「Terra Nova 〜未来創世記」がついに日本上陸! 12月の放送開始に先駆けて11月29日(火)、都内で試写会が行われ、スペシャルゲストとして溝端淳平がトークイベントに出席した。

最新ニュース レポート
「Terra Nova 〜未来創世記」試写イベント
  • 「Terra Nova 〜未来創世記」試写イベント
  • 「Terra Nova 〜未来創世記」試写イベント
  • 「Terra Nova 〜未来創世記」試写イベント
  • 「Terra Nova 〜未来創世記」試写イベント
  • 「Terra Nova 〜未来創世記」試写イベント
  • 「Terra Nova 〜未来創世記」試写イベント
壮大なスケールで描く話題のSFアドベンチャー・ドラマ「Terra Nova 〜未来創世記」がついに日本上陸! 12月の放送開始に先駆けて11月29日(火)、都内で試写会が行われ、スペシャルゲストとして溝端淳平がトークイベントに出席した。

スティーヴン・スピルバーグらが製作総指揮に名を連ねる本作。荒廃した未来から新たに人類の文明を再建すべく、白亜紀の時代に移住する一家の姿を描く。

溝端さんはまず、本作で描かれる近未来について「人類の問題が最悪の形で広がった世界であり、リアルな怖さがあります」と感想を語る。そこからはるか時を越えて未開拓の“テラノバ(新たな地)”へと移住した一家の奮闘が描かれるが、「家族愛が描かれていて共感しました」と人間ドラマも見どころであると力説した。ちなみに、溝端さん自身の理想の家庭像はというと「しょっちゅうケンカするけど、何だかんだで仲が良い家庭。(息子とは)先輩のような関係性でいたい。娘だったら甘やかしそう(笑)」と将来の家庭に思いを馳せていた。

本作は第1話につき15億円が投じられており、1話およそ1千万円をかけて製作される日本のドラマの150倍。溝端さんは「そういうの聞くと、やってらんねーっすよ!」と渋い顔をしつつも「その割には日本のドラマも頑張ってるでしょ?」としっかりアピール。さらに「いつか(海外TVドラマに)出てみたいですね。毎日、ケータリングなんだろうな。ケータリングでカレーが出てくるだけでテンション上がるんで(笑)」と冗談を交えつつ、海外進出に向けた野望ものぞかせた。

今年は震災後に公開を迎えた主演映画『高校デビュー』や現在フジテレビにて放送中のTVドラマ「蜜の味 〜A Taste Of Honey〜」など様々な役柄に挑戦したが、「いろんな方に認知されている実感があって嬉しかった。その半面、新しい自分を出そうといろんな役をやったり、充実した1年。いろんなことを吸収した1年でした」と満足そうに述懐。特に震災に触れ「(『高校デビュー』が)公開されるのか? イベントをやっていいのかと悩みましたが、こういうときだからこそエンターテインメントが人々を勇気づけられることを実感した」と俳優としての“使命感”を口にした。

クリスマスの予定を聞かれると「全くない。本命はいないです。つらくなりますが…(苦笑)。でもいまは余裕がないし、仕事が楽しいです」とニッコリ。理想の家庭を実現するのはしばらく先になりそうだ。

「Terra Nova 〜未来創世記」は12月13日(火)23:00〜FOXチャンネルにて放送スタート。
《text:cinemacafe.net》

特集

特集

page top