「F4」ヴィック・チョウ、3か月の恋愛契約にOK!

台湾の人気ユニット「F4」のヴィック・チョウが、主演映画『一万年愛してる』を携えて新年早々、来日! 共演の加藤侑紀と共に1月4日(水)に開催された舞台挨拶に登壇し、ファンの歓声を浴びた。

最新ニュース レポート
『一万年愛してる』舞台挨拶
  • 『一万年愛してる』舞台挨拶
  • 『一万年愛してる』舞台挨拶
  • 『一万年愛してる』舞台挨拶
  • 『一万年愛してる』舞台挨拶
  • 『一万年愛してる』舞台挨拶
  • 『一万年愛してる』舞台挨拶
  • 『一万年愛してる』舞台挨拶
台湾の人気ユニット「F4」のヴィック・チョウが、主演映画『一万年愛してる』を携えて新年早々、来日! 共演の加藤侑紀と共に1月4日(水)に開催された舞台挨拶に登壇し、ファンの歓声を浴びた。

台湾で2010年に公開され、その年のNo.1ヒットのラブコメディとなった本作。台湾に語学留学したみかん(加藤さん)とだらしない台湾人青年のチーホン(ヴィック)は恋に落ちるが、それぞれの事情と思惑から3か月の“恋愛契約”を結ぶ。契約期間を楽しく過ごし、2人はその後離ればなれになるが、次第にそれぞれの思いが募り…。

ヴィックはこの3か月契約の恋愛について「いいんじゃないですか。恋が終わりを迎えたときに3か月をふり返って、いろんな思い出が残ればいいですね」と肯定的。演じた気まぐれなチーホンについても、自身と重なる部分が多々あるようで「時々、突発的なことをするのが好きで、破天荒なことをすることはありますね」と微笑んだ。チーホンはバイクに乗るのが怖いという設定だが、自身にとって一番怖いものを尋ねられると「密閉した空間。狭いエレベーターに多くの人と乗るのが怖いです」と意外な弱点を告白した。

加藤さんは日本での公開に「やっと来たかという気持ち」とニッコリ。みかんが劇中、酒を飲むシーンがあるが、撮影が行われた3年ほど前は加藤さんはまだ10代。「(ヴィックとも)『まだお酒飲めなかったんだよね』って話してました(笑)」と満を持しての日本公開を喜んだ。ヴィックと共演してみての印象を尋ねられると「お兄ちゃんみたいに面倒を見てくれる、頼りがいのあるヴィックお兄ちゃんでした」と笑顔で語った。ヴィックは印象的なシーンとして、加藤さんをおんぶして歩くシーンを挙げたが加藤さんに「重くなかった?」と聞かれると「僕、マッチョだから大丈夫だよ」と答え、会場の笑いを誘った。

新年ということで2人は書き初めを行ない、ヴィックは「小さな“福”を大事にしてほしい」という想いを込めて達筆な漢字で「福」、加藤さんは「感謝と愛の気持ちを伝えたい」という思いで「愛」と新たな年への願いを綴った。

『一万年愛してる』はオーディトリウム渋谷にて1月5日(木)より1月9日(祝・月)まで期間限定公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

特集

page top