話題の韓流ドラマ「私の期限は49日」キャストが待望の来日!

昨年フジテレビ韓流αで放送されたドラマ「私の期限は49日」の主要キャストであるチョ・ヒョンジェ、チョン・イル、ナム・ギュリが待望の来日。2月3日(金)に東京・渋谷公会堂でファンミーティングを行った3人が会見に出席し、作品への思いや役柄について語った。

最新ニュース
「私の期限は49日」来日会見
  • 「私の期限は49日」来日会見
  • 「私の期限は49日」来日会見
  • 「私の期限は49日」来日会見
  • 「私の期限は49日」来日会見
  • 「私の期限は49日」来日会見
  • 「私の期限は49日」来日会見
  • 「私の期限は49日」来日会見
昨年フジテレビ韓流αで放送されたドラマ「私の期限は49日」の主要キャストであるチョ・ヒョンジェ、チョン・イル、ナム・ギュリが待望の来日。2月3日(金)に東京・渋谷公会堂でファンミーティングを行った3人が会見に出席し、作品への思いや役柄について語った。

交通事故でこん睡状態になってヒロイン(ギュリ)が生き返るために与えられた猶予49日で、「肉親以外で自分のために心から泣いてくれる人の涙を3粒集める」という過酷な試練に立ち向かう。ヒョンジェはヒロインに片思いするワインバーの経営者、イルが死者をあの世に送る仲介人を演じる。

除隊後初めてのドラマ出演となったヒョンジェは「いままでにないファンタジー色が強いラブストーリーで、新鮮に感じました。物語も心に響きました」と本作を選んだ理由を説明。複雑な内面をもつ役柄へのチャレンジに「僕にとっても大きな位置を占めるドラマになりました。韓国以外でも大きな反響を呼んでいると聞き、とても嬉しく思っています」と満足そうな表情を見せた。

一方のイルはドラマ「太陽を抱いた月」などに出演する若手注目株。やはり本作は大きな存在だと言い「僕を前進させ、成長させてくれた作品」と手応え十分だ。特に演技面で学ぶことが多々あったそうで「相手と息を合わせることの大切さを教えてもらった」と真摯に語っていた。そしてこの日の紅一点であるギュリは、別の女性に憑依(ひょうい)する“魂”という難しい役柄に「一人で笑ったり、泣いたり…。感情作りで壁にぶつかり、つらい気持ちにもなった」と告白する。それだけに本作の成功にも感慨深げだった。

そんなギュリは今回共演した“イケメン”2人について「ヒョンジェさんには食事をおごっていただくこともありました。『しっかり食べて頑張らないといけないね』と励ましていただきました。イルさんはとても情熱的で学ぶことも多かったです」と知られざる素顔を明かしてくれた。

「私の期限は49日 DVD-BOX1」<ノーカット完全版>

「私の期限は49日 DVD-BOX1」<ノーカット完全版>

価格:19,950円(税込)
販売元:ポニーキャニオン
発売中
《text:cinemacafe.net》
page top