キャメロン・ディアス、「結婚には興味なし」とシングル生活満喫中

昨年9月にニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲス選手と破局したキャメロン・ディアスが、雑誌インタビューでシングル生活を楽しんでいると語った。

最新ニュース ゴシップ
キャメロン・ディアス- (C) Splash/AFLO
  • キャメロン・ディアス- (C) Splash/AFLO
昨年9月にニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲス選手と破局したキャメロン・ディアスが、雑誌インタビューでシングル生活を楽しんでいると語った。

英版「Esquire」11月号の表紙を飾ったキャメロンは、結婚について「興味が持てなかった。特に20代の頃は全然。30代になっても変わらなかったわ」と語った。8月30日(現地時間)に40歳の誕生日を迎えたが、「生まれて初めて充実感を味わっているの」と言うキャメロン。「歳を重ねていくことは人生において素晴らしいことよ。自分のことがよく分かるようになった。器が大きくなった気もしているの。25歳のときより、いまの方が心地よく過ごしているわ」。

いまは子供を欲しいとは思わないというキャメロンだが、母親になることについては「可能性はまだあるわ。まだそれほど歳じゃないもの」とも話した。親友のドリュー・バリモアの結婚と出産に触発されたのか、今後の結婚の可能性についても「どうなるかしらね(笑)」と完全否定は避けた回答をした。理想の相手について聞かれると、「自分で自分の面倒を見られる、強い人」と答えた。



© Splash/AFLO
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top