ガガ、「訴訟の要求金額を払うくらいなら乳ガン闘病中のスタッフに寄付したい」と発言

最新ニュース

レディー・ガガ
  • レディー・ガガ
レディー・ガガは、訴訟の要求金額を元雇用者である原告に払うくらいなら、乳ガンの闘病中であるほかのスタッフに寄付したいと考えているようだ。

現在、24時間付きっ切りで世話をさせられていたと主張する元付き人ジェニファー・オニールさんから未払いの残業代38万ドル(約3,550万円)を支払うよう訴えられているガガだが、ジェニファーさんが同額を受け取るに「値しない」とし、ジェニファーさんに払うくらいならガンで苦しんでいるほかのスタッフに渡してあげた方がいいと発言している。

ザ・サン紙の報道によれば、ガガは「私からお金が支払われるまで、ジェニファーは親御さんから経済的に世話してもらっているらしいじゃない。そんなだから彼女はこの金額を受け取るに値しないのよ。私は支払うつもりはないわ」「ジェニファーは1ドルさえも受け取る価値はないわね。彼女が欲しがっているお金は、私に献身的に尽くしてくれているほかのスタッフたちにあげるわ。彼らならふさわしいと思えるしね」「特に乳がんと闘っている(スタッフのひとり)ソーニャの乳房腺切除のために使うつもりよ。ジェニファーにはあげないわ。ソーニャにはちゃんと生きて欲しいの」と語っているという。

一方ジェニファーさんは声明で、ガガと2010年にワールド・ツアー「モンスター・ボール」を敢行していた際に、全くプライバシーが尊重されず、ガガと同じベッドで寝ることを強制され、さらにはガガがホテルの部屋を歩きまわりたくないという理由で夜中にガガが見ているDVDを変えるためだけに起こされたりするなど、極度の疲弊を与えられたと主張している。

それに対してガガは、ジェニファーさんを「全く役に立たないやつ」と罵り、「あの子は自分が女王様だと思っているのよ。だから自分が奴隷みたいに扱われてると思ったんじゃないの? このビジネスは私がやってるんだから、私が仕事上での女王なのに」と吐き捨てている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top