遅咲きの“ロッ犬ロール”バンド「WANS」、雑誌「いぬのきもち」新CMでデビュー!?

愛犬との暮らしを応援するペット雑誌「いぬのきもち」(株式会社ベネッセコーポレーション刊)が2013年の6月号で創刊11周年を迎え、これに先駆け…

最新ニュース
「いぬのきもち」新CMでデビューするロックバンド「WANS」メンバー
  • 「いぬのきもち」新CMでデビューするロックバンド「WANS」メンバー
愛犬との暮らしを応援するペット雑誌「いぬのきもち」(株式会社ベネッセコーポレーション刊)が2013年の6月号で創刊11周年を迎え、これに先駆け、新CMが2月16日(土)より放映されることが決定した。

今回のCMで注目したいのが、Leon(Vo.)、Chocolat(G.)、Yuki(B.)、Yukichi(Dr.)の犬種の異なる4頭のメンバーで結成された可愛くもワイルドなロックバンド「WANS」(ワンズ)たち。この4頭のロッカーたちは、新人ながら遅咲き…。それゆえ、肥満症や関節炎などそれぞれに体の不調を抱いており、自分たち犬には、人の言葉が話せないからこそ分かってほしい「体の不調」や「きもち」があることを、この新CMで“ロッ犬ロール”のサウンドに乗せて歌い上げる。

そんな彼ら「WANS」の魂の叫びにしてデビュー曲となる「ぼくらはドッグイヤー~気付いてくれBABY!~」の作詞・作曲には、これまで「SMAP」や「Kinki Kids」といった日本屈指のアイドルに作詞・楽曲提供を数多く手がけてきた堂島孝平と西寺郷太(NONA REEVES)によるユニット「SMALL BOYS」が務めることに! 軽快なメロディーを奏でつつも、その裏に熱く込められた「WANS」の飼い主たちへのメッセージにもぜひ注目したい。

この新CMに込められているのは、飼い主が犬の「こころ」「からだ」に対する関心・知識を高めることで、愛犬とより長く一緒に過ごしてほしいという「いぬのきもち」編集室の想いを「キモチもからだも分かってほしい」というメッセージ。その背景には、ペットフードや動物医療の進歩によってペットの寿命が延びて高齢化するなか、犬の飼い主も、しつけや育て方だけでなく、健康管理や病気のケアへの関心を高めていることにあるようだ。

また、このCMの放映スタートに合わせ、「WANS」の公式アーティスト・ページもオープン。サイトのナビゲーション役は、同じく遅咲きデビューながら、すでにtwitterで約13万人のフォロワーを抱える人気犬のポメラニアン・俊介(10才)が担当。バンドのオフィシャルサポーターとして、メンバーの犬種はもちろん、飼い主の多い犬種のかかりやすい病名やその症状も紹介する予定だ。

さらに、人気のスマートホン向けペット写真共有SNS「パシャっとmyペット」と共同でCM曲「ぼくらはドッグイヤー~気付いてくれBABY!~」のプロモーション・ビデオで「WANS」や俊介たちと共演する、“ロッ犬ロール”なメンバー約100頭を募集する企画もスタート。

あなたの愛犬との時間をもっと長く、もっと幸せなものとするためにもぜひこの新CM、そしてオフィシャルサイトでもっと愛犬たちの「きもち」を知ってみては?

いぬのきもち新CM「伝説のバンドWANS」篇は2月16日(土)より放送スタート。

「WANS」公式サイト:http://inuneko.me/cm/wans_vol1.html
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top