宮崎あおいが袴で登場? 加瀬亮主演作『はじまりのみち』でナレーションに抜擢!

現在、公開中の『きいろいゾウ』でさらなる新境地を開拓した宮崎あおいが、『二十四の瞳』、『楢山節考』などで知られる名匠・木下惠介監督の生誕100年記念映画『はじまりのみち』の…

最新ニュース
『はじまりのみち』 -(C) 2013「はじまりのみち」製作委員会
  • 『はじまりのみち』 -(C) 2013「はじまりのみち」製作委員会
現在、公開中の『きいろいゾウ』でさらなる新境地を開拓した宮崎あおいが、『二十四の瞳』、『楢山節考』などで知られる名匠・木下惠介監督の生誕100年記念映画『はじまりのみち』のナレーションを担当することが決まった。

『はじまりのみち』は、『河童とクゥと夏休み』や『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』の原恵一監督が初めて手がける実写作品であり、加瀬亮が血気盛んな映画青年だった頃の木下監督を演じる。木下監督の母・たまを田中裕子、兄・敏三をユースケ・サンタマリアが演じるほか濱田岳、斉木しげる、光石研、濱田マリ、大杉漣らの個性派俳優と、山下リオ、藤村聖子、松岡茉優、相楽樹といったフレッシュな女優たちが豪華共演するのも話題だ。

太平洋戦争中、政府から戦意高揚の“国策映画づくり”を要求された時代に、木下惠介が昭和19年に監督した『陸軍』は、その役割を果たしていないとして、次回作の製作中止を言い渡されてしまう。すっかり嫌気がさした惠介は松竹に辞表を提出、脳いっ血で倒れた母・たまが療養している浜松市に向かうことに。やがて戦局は悪化の一途を辿り、惠介は敏三と便利屋(濱田岳)と共に、たまを乗せたリヤカーを引いて山間に疎開する。ようやくたどり着いた疎開先でたまが書いた手紙には、たどたどしい字で「また、木下惠介の映画が観たい」と書かれていた…。

木下監督が映画製作から離れていた戦時中に、代表作『二十四の瞳』の着想を得ることになる重要シーンでも、宮崎あおいが出演を果たしている。撮影地となった浜松市天竜区春野町の気田小学校のエキストラの子供たちと共に、国民学校の先生役を演じているのだ。

国旗を振りながら軍歌を歌い、出征の見送りに行く子供たちの様子を憂いを含んだ笑顔で見つめるその姿。わずかな登場シーンながらも、抜群の存在感で強い印象を残してくれるに違いない。

『はじまりのみち』は6月1日(土)東劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top