ファッショニスタが大注目! 「メゾン キツネ」日本初の路面店が2店舗同時オープン

パリを拠点に、ファッションブランドと音楽レーベルを軸に多方面で活躍し、ファッショニスタから絶大な支持を集める「メゾン キツネ(MAISON KITSUNÉ)」が、2月15日(金)東京・南青山に日本初の路面店をオープンした。

最新ニュース
photo Takumi Ota
  • photo Takumi Ota
  • photo Takumi Ota
  • photo Takumi Ota
  • photo Takumi Ota
  •  「メゾン キツネ」日本初の路面店が 2店舗同時オープン
  •  「メゾン キツネ」日本初の路面店が 2店舗同時オープン
  •  「メゾン キツネ」日本初の路面店が 2店舗同時オープン
  •  「メゾン キツネ」日本初の路面店が 2店舗同時オープン
パリを拠点に、ファッションブランドと音楽レーベルを軸に多方面で活躍し、ファッショニスタから絶大な支持を集める「メゾン キツネ(MAISON KITSUNÉ)」が、2月15日(金)東京・南青山に日本初の路面店をオープンした。この東京店は、プレタポルテコレクションが揃う「メゾン キツネ」と、レコードやCD、ポロシャツ・Tシャツ中心の「キツネ ティー(Kitsuné Tee)」「パリジャン(Parisien)」ラインを取り扱う「カフェ キツネ(CAFÉ KITSUNÉ)」の2店舗で構成され、今回日本初上陸を果たした。

ブランド創設者のひとりである黒木理也(Masaya Kuroki)氏が東京店の空間デザインとストアイメージを構想。パリ店の建築イメージを継承しながらオスマン風スタイルを採用し、熟練職人の手で生み出された畳や、モノグラムを用いた寄木細工の床、米と竹の紙から作られた「襖」などを使用し、日本の伝統的な建築要素を加えた。

メゾン キツネに近隣するカフェ キツネは、日本の茶室を思わせる空間設計で、天井は低く、近い距離で親睦を深めることに重きが置かれ、壁には江戸時代にインスパイアされたオリジナルモチーフの壁紙が張られている。カフェ キツネでは、「表参道コーヒー(OMOTESANDO KOFFEE)」のプロデュースを手がける國友栄一のもとで修業したバリスタが淹れるコーヒーが提供される。

また、今回のショップオープンを記念した限定アイテムも登場する。2匹のキツネがキスする限定ロゴ付きのカーディガンやセーターのほか、レオパードのファージャケット、「ミッシェッル・ヴィヴィアン(MICHEL VIVIEN)」とのコラボブーツ、iPhone 4、4S、5専用ケースなどがラインナップする。

常にファッション業界をリードし、幅広いラインを展開しながら進化し続けるメゾン キツネ。東京初の路面店の2店舗同時オープンともなれば、ファッショニスタやミュージックラヴァーにとって、今最も注目すべきファッションスポットといっても過言ではない。ぜひ新しいメゾン キツネの世界観をのぞきにあなたも足を運んでみてほしい。

「メゾン キツネ」
住所:東京都港区南青山3-15-13
営業時間:11:00~20:00

「カフェ キツネ」
住所:東京都港区南青山3-17-1
営業時間:11:00~20:00(カフェは9:00から17:00)
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

特集

page top