三浦貴大が「純と愛」夏菜を監禁!? 異色の“密室”ミステリー『監禁探偵』公開決定

最新ニュース

『監禁探偵』-(C) 2013「監禁探偵」製作委員会
  • 『監禁探偵』-(C) 2013「監禁探偵」製作委員会
  • 『監禁探偵』三浦貴大-(C) 2013「監禁探偵」製作委員会
  • 『監禁探偵』夏菜-(C) 2013「監禁探偵」製作委員会
昨年、『麒麟の翼~劇場版・新参者~』『あなたへ』のフレッシュな演技が注目を集め、「第86回キネマ旬報ベスト・テン」で新人男優賞を受賞した三浦貴大。誰もが認める好青年の彼が、殺人現場に遭遇し容疑者にされてしまう男を演じる『監禁探偵』の公開が6月1日(土)に決定した。

あるマンションの一室で刺殺されたひとりの女。その現場に遭遇した男・亮太と、謎の女・アカネ。男は、自分を犯人だと疑うアカネを監禁し、事件の解決を試みるが、彼女は「この事件、私が解決してあげる」と意外な提案を持ちかける。タイムリミットは死体が発見されるまでの5時間。男はなぜ、殺人現場にいたのか? 女の正体とは一体、何なのか? すべての謎が解けるまで、この部屋からは出られない…。

『監禁探偵』は、大ヒットしたサウンドノベル・ゲーム「かまいたちの夜」の原作者・我孫子武丸が仕掛ける、究極の“密室”謎解きミステリー。コアなファンをもつTVドラマ「深夜食堂」の及川拓郎監督が脚本も手がけ、見事に映像化させた。殺人現場に遭遇した男・亮太が、身の潔白のためにやむなく監禁してしまう“囚われた謎の美女”アカネには、NHK連続テレビ小説「純と愛」のヒロインとしてお茶の間の話題をさらった夏菜が、映画初主演ながら体当たりで挑む。

「Another」や「館」シリーズで知られるミステリー作家・綾辻行人は「脚色・演出の工夫に感心。主演の2人に拍手!」と太鼓判。「謎解きはディナーのあとで」の東川篤哉も「ヒッチコックの“『裏窓』の現代版”だな。そう思い込んだ僕は、完全に騙されました」と白旗をあげるほどの極上のミステリーに仕上がった本作。

今後の日本映画界を引っ張る若手俳優2人が、身動きのとれない監禁状態の中、携帯電話やネット掲示板などの現代ツールを駆使して繰り広げる異色の“推理合戦”に、あなたも挑んでみては?

『監禁探偵』は6月1日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ新宿ほか全国公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top