インディペンデント・スピリット賞、『世界にひとつのプレイブック』が4冠

最新ニュース

インディペンデント・スピリット賞で主演女優賞に輝いたジェニファー・ローレンス -(C) ロイター/AFLO
  • インディペンデント・スピリット賞で主演女優賞に輝いたジェニファー・ローレンス -(C) ロイター/AFLO
第85回アカデミー賞授賞式、前日となる23日(現地時間)、インディーズ映画が対象のインディペンデント・スピリット賞が発表され、デヴィッド・O・ラッセル監督の『世界にひとつのプレイブック』が作品賞、監督賞、脚色賞、主演女優賞の4部門を受賞した。

翌日のオスカーでは有力候補の『リンカーン』『アルゴ』は大手映画会社の作品でこの日は対象外。『世界にひとつのプレイブック』が主役となったが、実は同作の製作費は2,100万ドル。本来、インディペンデント・スピリット賞は製作費2,000万ドル以下の作品が対象なのだが、主催者側の判断で今回は例外扱いとなった。

そんな経緯もあってか、プロデューサーのブルース・コーエンは、作品賞は『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』が受賞すると考えていたという。「私たちは今日も明日(アカデミー賞授賞式)も受賞できないと確信していました」と授賞式後の記者会見でコーエンは語った。アカデミー賞で史上最年少となる9歳の主演女優候補(クヮヴェンジャネ・ウォレス)を輩出した『ハッシュパピー』は撮影賞を受賞した。

アカデミー賞にもノミネートされている『The Sessions』(原題)のヘレン・ハントが助演女優賞を受賞し、『Magic Mike』(原題)のマシュー・マコノヒーが、ブルース・ウィリス(『ムーンライズ・キングダム』)やサム・ロックウェル(『Seven Psychopaths』/原題)ら強豪がひしめいた助演男優賞に輝いた。外国映画賞はミヒャエル・ハネケ監督の。同作はフランスのアカデミー賞といわれるセザール賞(現地時間22日発表)でも作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞など5部門を受賞した。

授賞結果は以下の通り
作品賞:『世界にひとつのプレイブック』
監督賞:デヴィッド・O・ラッセル
脚本賞:デヴィッド・O・ラッセル
新人作品賞:『The Perks of Being a Wallflower』(原題)
新人脚本賞:デレク・コノリー(『Safety Not Guaranteed』/原題)
ジョン・カサヴェテス賞(製作費50万ドル以下の作品が対象):『Middle of Nowhere』(原題)
主演女優賞:ジェニファー・ローレンス(『世界にひとつのプレイブック』
主演男優賞:ジョン・ホークス(『The Sessions』/原題)
助演女優賞:ヘレン・ハント(『The Sessions』/原題)
助演男優賞:マシュー・マコノヒー(『Magic Mike』/原題)
撮影賞:ベン・リチャードソン(『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』
ドキュメンタリー賞:『The Invisible War(原題)』(原題)
外国映画賞:『愛、アムール』

(C) ロイター/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top