【ドラマニア】自衛隊から幽霊まで…いま話題の“ 変わり種”4月ドラマをピックアップ

ついに始まりました! 2013年4月スタートの新ドラマたち。あなたのお気に入りはもう見つかりましたか? 今回のクールでは発表当初より、“変わり種”とも言える珍しい着眼点のドラマの存在が目立ちました。

最新ニュース
「空飛ぶ広報室」第2話(4月21日放送):防衛省の緊急記者会見に入ったリカ(新垣結衣・右)は、元報道記者だけあって、空幕長を問い詰めるが…。(後列左から:要潤、ムロツヨシ、綾野剛)-(c) TBS
  • 「空飛ぶ広報室」第2話(4月21日放送):防衛省の緊急記者会見に入ったリカ(新垣結衣・右)は、元報道記者だけあって、空幕長を問い詰めるが…。(後列左から:要潤、ムロツヨシ、綾野剛)-(c) TBS
  • 「空飛ぶ広報室」第2話(4月21日放送):特集のナレーション撮りをしていたリカ(新垣結衣・左)は、阿久津(生瀬勝久・右)から言われた言葉が理解出来ず…。-(c) TBS
ついに始まりました! 2013年4月スタートの新ドラマたち。あなたのお気に入りはもう見つかりましたか? 今回のクールでは発表当初より、“変わり種”とも言える珍しい着眼点のドラマの存在が目立ちました。「ドラマニア」第1回目は、中でも特に気になる3作品をまとめてピックアップ! 見どころをご紹介していきましょう。

■火9「幽かな彼女」(フジテレビ)

まずはこちら! 「SMAP」の香取慎吾さんが主演ということで、あのステキな笑顔がたくさん見れるのかな? 胸キュン台詞もあるのかしら。さらには学園モノだから、笑えるドタバタ青春ドラマになるのでは…? と、いろいろ予想していたのですが、第1話の展開からなんともビックリ! “霊感の強さ”を物ともしない、驚異的な精神力の男性(決して笑わない)が主人公のお話でしたね。

面白いことにこの彼、どんなにたくさんの幽霊が集まってきてもビクリともせず、ため息をつきながら塩を盛り、数珠を振りかざしては、幽霊たちに協力を仰ぎ、生徒の問題解決を次々と解決してしまうのです。とにかく、とっても斬新な展開の繰り返し! 予想を良い意味で裏切ってくれるドラマなので、学園コメディを毛嫌いをせず、ぜひ一ご覧になって欲しい1作です。

ちなみに、今後の楽しみ方としては、ヒロイン(?)となる幽霊役の杏さんの動きにご注目を。幽霊らしい白い衣装に身を包んだ杏さんがかわいいのはもちろんのこと、基本的には香取さんの部屋から出られない地縛霊という設定をどう打破していくのか!? 第3話の予告では、外出している様子も垣間見えたのでドキドキ。部屋の窓にゴツゴツと頭をぶつけながらも外に出ようと努力する健気な姿が必見です。

■土9「35歳の高校生」(日本テレビ)

続いてご紹介したいのが、こちら。タイトルだけでも「えっ!?」っと思わず二度見してしまうのに、ポスターを見たらあの米倉涼子さんが制服(ブレザー)姿に! …というわけで、インパクト大の話題作です。

米倉さんといえば、2クール前に放送されていた「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日)で「御意」満載の医療界に苦言を呈し、高視聴率をマークしたことでも記憶に新しい“ザ・大物女優”。そんな彼女が、今度は白衣を制服へと着替えてどんな悪に制裁を加えてくれるのか…ハラハラ。

さて、初回放送の結果ですが、一言で言うと…「重たい」ドラマでしたね(笑)。これは、決してマイナスな意味ではなく! これまでの学園モノでは、主に生徒は生徒の、教師は教師の立場から強いメッセージを発し、見る者の心に価値観の相違を訴えてきたのに対し、本作では教師の価値観を持った35歳が生徒の立場から物事を訴えるという全く新しい目線が描かれています。そのため、2005年7月に放送された同じく土9の「女王の教室」(日本テレビ)を彷彿とさせるような、まさに“時代”を切り取った作品と呼べるでしょう。

また、本作には同じA組のクラスメイトとして、本年度一押しの若手注目派俳優&女優陣が顔を揃えているのも気になるところ。第1話の中心人物となった女子生徒を演じたのは、堀北真希さんや北乃きいさんらを輩出した「高校サッカー」応援マネージャーの経験を持つ広瀬アリスさん。迫真の演技を見せてくれましたね!

さらには、何やら物語の鍵を握っていそうなオーラ満載の男子生徒として、映画『今日、恋をはじめます』で松坂桃李さんの親友役を演じた山崎賢人さんが出演しているのもポイントです。そのほかにも、「GTO」の生徒役として話題を集めた様々な新人さんがたくさん登場するので、お気に入りの生徒を見つけてみるのも新しい楽しみ方かもしれません。

■日9「空飛ぶ広報室」(TBS)

そして、最後にピックアップするのは、王道の日9ドラマ。前クールまで、裏枠の「フジテレビ・ドラマチックサンデー」があったため、毎回その対決の行方が話題を呼んでいましたが、今回からはまさに独走態勢再び! 「TBSらしい心温まるヒューマンドラマを安心して見たい!」とワクワクしながらテレビの前へ…。

そんな中、今回満を持して登場したのが、原作・有川浩さんの「空飛ぶ広報室」でした。有川さんといえば、4月27日(土)公開の『図書館戦争』など、映画にアニメにドラマに…独自の切り口で「自由」や「権利」について言及しているいま、ノリに乗った作家さんですよね。

今回のドラマで描かれるのは、不慮の事故で夢を断たれた自衛隊の元戦闘機パイロットの再起を追う、TVディレクターの奮闘物語。期待通り、初回から涙を誘うクライマックスが継続視聴意欲を掻き立ててくれました。普段、授業やニュースでしか触れることのない、自衛隊の内部を知ることのできる社会派ドラマという印象を強く受けました。

また個人的にとても気になったのが、主演の新垣結衣さん、そして綾野剛さんがなんだかいつもと違うという点。これまでの役柄イメージとして、新垣さんはおっとり系、綾野さんはクール系…まさに今回はそれが真逆なんです! ズバズバと自分の意見を貫く新垣さんのキャラクターに対し、ついつい控えめな綾野さんの役どころに感情移入する視聴者も多いのでは?

そんな2人がこれから目指すのは、前途多難な茨の道。それでも決して楽な道を選ばない、真っ直ぐで不器用な生き方を一緒に見届けていきましょう。

まだまだ始まったばかりの4月ドラマ。最終回まで視聴したいと思うお気に入りの作品に出会っていただけるよう、様々なドラマをご紹介していきたいと思います!
《text:Yuki Watanabe》

関連ニュース

特集

page top