ローランド・エメリッヒ、『インデペンデンス・デイ』をさらにシリーズ化へ!?

最新ニュース

ローランド・エメリッヒ
  • ローランド・エメリッヒ
  • ローランド・エメリッヒ -(C) Getty Images
  • ローランド・エメリッヒ
ローランド・エメリッヒは『インデペンデンス・デイ』をさらにシリーズ化する意向のようだ。1996年のウィル・スミス主演作『インデペンデンス・デイ』の続編となる『ID Forever Part 1』(原題)、『ID Forever Part 2』(原題)と仮タイトルがつけられた2作を現在手がけているローランドだが、今後さらに続編を作り続けていきたいと今回明かしている。

先日行われた「Los Angeles Times」紙主催のヒーロー・コンプレックス・フィルム・フェスティバルでローランドは「このテーマをまさに僕らはよく話題にしているんだ。そもそもなんでエイリアンが襲撃したのかっていう事実の背景にある神話さ。もっと大きな全体像は何なのかっていうことだよ。群知能と呼ばれるものをよく議論しているんだ。人間の個人化された知能とは違うものとしてね。人間は互いを殺しあったり、戦争をしたりするある意味生態系の中で例外的な存在なんだ。我々には善を信じ敵を倒すという共産国家的精神があるんだよ」「だからそういうテーマと壮大な神話を作り出すことで、たった1個か2個の続編だけでなくって、もっとシリーズ化していきたいって考えているんだ」と語っている。

ローランドと共同脚本を担当したディーン・デヴリンは、第1作で描かれた地球外生命体による地球襲撃の背景にある神話を将来的に掘り下げていくことで、3部作以上の続編を作っていくつもりだという。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top