『モネ・ゲーム』連続インタビュー コリン・ファースがアラン・リックマンに完敗宣言?

オスカー受賞作『英国王のスピーチ』、そして『裏切りのサーカス』とシリアスな映画への出演が続くコリン・ファースが次に挑んだのが、本日より公開を迎えたコメディ作品『モネ・ゲーム』。そんなコリンの出演に加え…

最新ニュース
コリン・ファース&アラン・リックマン/『モネ・ゲーム』 -(C) 2012 Gambit Pictures Limited
  • コリン・ファース&アラン・リックマン/『モネ・ゲーム』 -(C) 2012 Gambit Pictures Limited
  • コリン・ファース/『モネ・ゲーム』 -(C) 2012 Gambit Pictures Limited
  • コリン・ファース/『モネ・ゲーム』 -(C) 2012 Gambit Pictures Limited
  • アラン・リックマン/『モネ・ゲーム』 -(C) 2012 Gambit Pictures Limited
  • アラン・リックマン/『モネ・ゲーム』 -(C) 2012 Gambit Pictures Limited
  • 『モネ・ゲーム』 -(C) 2012 Gambit Pictures Limited
  • 『モネ・ゲーム』 -(C) 2012 Gambit Pictures Limited
  • 『モネ・ゲーム』 -(C) 2012 Gambit Pictures Limited
オスカー受賞作『英国王のスピーチ』、そして『裏切りのサーカス』とシリアスな映画への出演が続くコリン・ファースが次に挑んだのが、本日より公開を迎えたコメディ作品『モネ・ゲーム』。そんなコリンの出演に加え、キャメロン・ディアスがセクシーな姿を披露していることでも話題の本作。このほど、そんな2人から貴重なインタビュー映像が到着。第1弾は、カタブツ美術鑑定士・ハリーを演じたコリンのインタビューをお届け!

本作は、美術鑑定士のハリー(コリン・ファース)が、天然カウガールのPJ(キャメロン・ディアス)を相棒とし、印象派の巨匠・モネの“消えた名画”を使って、億万長者で美術コレクターのメディア王・シャバンダー(アラン・リックマン)をカモに一攫千金を企むという物語。完璧な筋書きのはずが、のっけから計画倒れのハプニングが続出…。それでも一発逆転を狙う彼らの勝負の行方がコミカルに描かれ、予想不可能な結末に誰もが楽しく騙される、世紀の泥棒エンタテインメントだ。

コリンが演じた主人公のハリーは、「完璧に主導権を握っているようで、握れていない男なんだ」と彼自身が語るように、常識に縛られたカタブツだが、どこか抜けていてツメが甘い英国男子。しかも「事をスムーズに運べているように見えて、誰にも話を聞かれていないような男。まさに“ドン・キホーテ”だよ」と、自分では気高い任務についていると思いながらも実際には行動が伴っていない(?)、ちょっと残念な人物らしい。

そんなハリーと、キャメロン演じるPJはすべてが正反対。「彼の生真面目で、自信過剰な言葉使いと、彼女の現実的なテキサス訛り、2つが見事に対比されている」と語るコリンは、多くのコメディがこのような対比に根差していると言い、コメディは「ナンセンスだからといって、正確さやニュアンスがなくていいわけじゃない」と、その難しさを語る。

「何度も繰り返したり、違う方法を試したりするから、別の直観力を働かせなくてはならない。自分を笑わせるだけじゃダメなんだ。最終的にみんなを笑わせることができるジョークは、様々なプロセスをくぐり抜けた笑いだからね」と、生真面目に論じるコリンが、また可笑しい。

とはいえ、最初に本作の脚本を読んだときには、コリンも声を出して笑ったほどで、「セットに入ったり、脚本を読み合わせると、何回か含み笑いが起こる」と話す。中でも、笑いをこらえるのに必死だったというのが、シャバンダーを演じたアランとのシーンだ。コリンは脚本を読んだときから、“アラン=シャバンダー”が自然と浮かんだそうで、「すでに彼の命が吹き込まれていたんだ。彼以外の人を想像するのは難しかったよ」と、まさにハマり役であると断言している。

『ハリー・ポッター』シリーズのスネイプ先生を演じたアランは、そのイメージとは打って変わって本作で最初から最後まで笑いを提供してくれた。「アランと演じた最初のシーンでは、笑いをこらえられなかった。僕は落ち込んで茫然としたよ。喜劇的な怒りと尊大さでアランに勝る人はいない。彼には完全にやられたよ」と名優コリンも完敗を認めざるを得なかったようだ。

そんな彼らの笑いの掛け合いの中に、キャメロン演じるPJがスパイスを加える。「キャメロンは、愉快で、エネルギッシュで、自然体だ。彼女は、僕とハリーが必要とするすべてを持っている。僕は彼女の後ろにデクの坊みたいに突っ立っているだけだ」とコリンにとっても、そして意外なことにハリーにとっても重要な人物であることが分かる。

コリンにキャメロン、さらにアランと、一見、意外な組み合わせが、見事な化学反応を起こして笑いを生み出している本作。“パンイチ姿”にも挑戦したコリンのコメディアンっぷりを、ぜひ劇場で確かめてみて。

『モネ・ゲーム』はTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて公開中。

※こちらのインタビュー映像はcinemacafe.net記事ページより、ご覧いただけます。


(C) 2012 Gambit Pictures Limited
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top