アンジェリーナ・ジョリー、新作映画で自らの亡き母を演じることに

アンジェリーナ・ジョリーが新作で自らの亡き母を演じるようだ。87%の確率で乳がんを、さらに50%の確率で卵巣がんを発症する…

最新ニュース
アンジェリーナ・ジョリー
  • アンジェリーナ・ジョリー
  • 国連親善大使として活躍するアンジェリーナ・ジョリー -(C) Getty Images
  • ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー -(C) Getty Images
  • アンジェリーナ・ジョリー
アンジェリーナ・ジョリーが新作で自らの亡き母を演じるようだ。87%の確率で乳がんを、さらに50%の確率で卵巣がんを発症する可能性があるBRCA1と呼ばれるがん遺伝子があると診断され、両乳腺切除を行ったと先週告白したばかりのアンジェリーナだが、新作で2007年に56歳で卵巣がんのため他界した母親のミシェリーヌ・ベルトランさんを演じるようで、パートナーのブラッド・ピット率いる映画製作会社「プランB」がその製作を手掛けるという。

複数の報道によれば、今回の伝記映画は来年にもプロダクションを開始する予定であるものの、まだ公開予定日は決まっていないという。娘のアンジェリーナと同様に、母親のミシェリーヌさんもアフガニスタンの難民女性たちの支援を行うなど慈善家のとしての側面も生前有名で、また、婦人科系のがんと闘う女性を支援することを目的とした団体「ギブ・ラブ・ギブ・ライフ」を設立するなど積極的に活動を行っていた。

ブラッドと共に、11歳のマドックス、9歳のパックス、8歳のザハラ、6歳のシャイロ、そして4歳の双子のノックスとビビアンの計6人の子供達を育てているアンジェリーナは以前、亡き母のことを「優美さの化身」と表現していた。「兄と私が良い状況にいることを見られて逝ったのは幸運なことだと思ってるの。母は家族みんなが落ち着くまで待っていたのよ。そして目を閉じたの」。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top