ダフト・パンク「ワン・モア・タイム」のボーカルが他界、アーティストたちが追悼

フランス出身のエレクトロ・デュオ「ダフト・パンク(Daft Punk)」。彼らの大ヒットソングとなった「ワン・モア・タイム」でボーカルを担当したロマンソニーが亡くなっていたことが明らかになった。

最新ニュース
「ダフト・パンク(Daft Punk)」のトーマ・バンガルテル&ギ=マニュエル・ド・オメン=クリスト -(C) Getty Images
  • 「ダフト・パンク(Daft Punk)」のトーマ・バンガルテル&ギ=マニュエル・ド・オメン=クリスト -(C) Getty Images
  • 「ダフト・パンク(Daft Punk)」のヒット・ソング「ワン・モア・タイム」のボーカルを務めたロマンソニー
  • 「ダフト・パンク(Daft Punk)」のトーマ・バンガルテル&ギ=マニュエル・ド・オメン=クリスト -(C) Getty Images
  • 「ダフト・パンク(Daft Punk)」のニュー・アルバム「ランダム・アクセス・メモリーズ」ジャケット
まもなくニュー・アルバムがリリースされる、フランス出身のエレクトロ・デュオ「ダフト・パンク(Daft Punk)」。彼らの大ヒットソングとなった「ワン・モア・タイム」でボーカルを担当したロマンソニーが亡くなっていたことが明らかになった。

ロマンソニーは今月7日(現地時間)に46歳の若さでこの世を去っていたが、今回その訃報がようやく知れ渡り、DJのロジャー・サンチェスは「何が起こってるんだ? ロマンソニーが亡くなったって聞いたところなんだ! 悲しいよ…。今年は伝説的な歌手が次々と逝ってしまっているね」とオンライン上でコメント。

さらにフランスのエレクトロ・ユニット「カシアス(Caxias)」も「ロマンソニー…とっても悲しいよ」とツイートしている。ドイツ出身のDJでプロデューサーでもある「ボーイズ・ノイズ(Boys Noize)」も「ものすごく悲しいよ。ロマンソニーとオレは一緒に素晴らしい曲を手がけたこともあるんだ。自分が書いた曲の中で最も良い曲だって言ってくれたよ」とコメントを寄せている。

ロマンソニーの死因は公表されていないものの、姉のメロニー・ムーアさんはFacebook上に「私の弟・ロマンソニーこと、アンソニー・ムーアが2013年5月7日(現地時間)にテキサス州・オースティンの自宅で息を引き取りました。お悔やみの電話やお祈りを捧げてくださったことに感謝します。弟は音楽の天才でした。私たち家族も悲しみに打ちひしがれています。今後、葬儀を行う予定です」と投稿している。

ロマンソニーは1997年から2000年にかけてアルバムを4枚リリースしているが、「ダフト・パンク」が2001年にリリースしたアルバム「ディスカバリー」に収録されている「ワン・モア・タイム」や「自由をこの手に」で作曲やボーカルとしても参加したことで有名だ。

2001年当時、「ダフト・パンク」のギ=マニュエル・ドゥ・オメン=クリストはロマンソニーについて「オレたちは1996年のウィンター・ミュージック・カンファレンスでロマンソニーに会って友達になったんだ。ロマンソニーと(もう一人のコラボ相手)トッド・エドワーズがアメリカでは全く有名じゃないなんておかしなことさ。彼らのサウンドが、今日のオレたちのサウンドの一部になってるとも言えるくらいだよ。オレたちにとっては特別な仲間だからこそ、他の有名なスターとコラボするよりも彼らと仕事することの方が大事だったんだ」と話していた。

そんな「ダフト・パンク」のニュー・アルバム「ランダム・アクセス・メモリーズ」は5月22日(水)より発売開始。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top