東出昌大&木村文乃に見る“遠恋あるある”…『すべては君に逢えたから』

玉木宏、本田翼、東出昌大、木村文乃ら総勢10人の男女が、クリスマスの東京駅を舞台に繰り広げるラブストーリーを描いた映画『すべては君に逢えたから』

最新ニュース スクープ
遠距離恋愛中の雪奈(木村文乃)&拓実(東出昌大)/『すべては君に逢えたから』 (C)2013「すべては君に逢えたから」製作委員会
  • 遠距離恋愛中の雪奈(木村文乃)&拓実(東出昌大)/『すべては君に逢えたから』 (C)2013「すべては君に逢えたから」製作委員会
  • 遠距離恋愛中の拓実を演じる東出昌大/『すべては君に逢えたから』 (C)2013「すべては君に逢えたから」製作委員会
  • 遠距離恋愛中の雪奈を演じる木村文乃/『すべては君に逢えたから』 (C)2013「すべては君に逢えたから」製作委員会
  • 遠距離恋愛中の拓実を演じる東出昌大/『すべては君に逢えたから』 (C)2013「すべては君に逢えたから」製作委員会
  • 遠距離恋愛中の雪奈を演じる木村文乃/『すべては君に逢えたから』 (C)2013「すべては君に逢えたから」製作委員会
  • 『すべては君に逢えたから』-(C) 2013 「すべては君に逢えたから」製作委員会
  • 東出昌大/『すべては君に逢えたから』 (C)2013「すべては君に逢えたから」製作委員会
玉木宏、本田翼、東出昌大、木村文乃、高梨凛ら総勢10人の男女が、クリスマスの東京駅を舞台に繰り広げるラブストーリーを描いた映画『すべては君に逢えたから』

本作は、クリスマスという特別な日をきっかけにそれぞれの男女が想いを大切な人へと告白するシーンが魅力の一つとなっているが、中でも東出さんと木村さんが登場するストーリーで描かれる“遠距離恋愛”は多くの人が「あるある」と共感できるはず。

過日、本作の公開を記念して「クリスマスだから、大切な人に伝えたい想いを手紙にしよう!」キャンペーンが実施された。およそ3か月間にわたって行われ、600通もの応募の中から、見事「ロマンティック賞」に輝いたのは、約25年前に遠距離恋愛を経験し、その後、結婚したというご夫婦。

この2人のためだけに、『すべては君に逢えたから』プライベート試写会がプレゼントされたが、そんな彼らの“遠恋あるある”は?

映画を鑑賞した2人は、東出さん演じる津村拓実と、木村さん扮する山口雪奈の東京~仙台間の遠距離恋愛でのすれ違いや、久しぶりに逢えるひと時のときめきを思わず思い出したと語る。

東京~大阪間で遠距離恋愛を育んだご夫婦は、もともと大学時代の友人で、奥様は大阪の会社へ、旦那様は東京の会社へ就職。奥様が出張のため、偶然乗った新幹線で旦那様と再会したことがきっかけで交際がスタート。そして出張の度に、当時の最終新幹線“シンデレラエクスプレス”を利用して東京と大阪を行き来きしていたという。

久しぶりに逢った後はいつも別れがたく、時には、見送るだけのはずが実際に帰り際の新幹線に乗り込んでしまい、翌日の始発で一人戻ってきたことも…。そんなエピソードは本作で描かれるシーンとも重なり、「新幹線を利用する遠距離恋愛中のカップルにとって、新幹線で相手を連れて帰ってしまうって、“遠距離恋愛あるある”なんですね!」と少し恥ずかしそうに語っていた。

また木村さん演じる雪奈は、離れている相手のことが分からなくなり、すれ違いが生じて、東出さん演じる拓実とぶつかってしまうのだが、奥様は「離れているから相手のことが分からなくて不安になったことはない」と断言する。

「相手(夫)はあんまり喋らないタイプで、私の話を聞くだけだったので疑うこともなかったんです。自分が忙しくて余裕がなかったので、待っている時間がなかったからかも(笑)」とも。

そんな2人は、木村さんと東出さんが演じるカップルが決まり事にしている「モーニングコールを欠かさずする」ということはなかったそうだが…代わりに、毎晩のように電話をしていたそう。

25年前は携帯もメールもなく、電話だけが唯一の連絡手段。だからこそ、雪奈と拓実のカップルが久しぶりに逢うシーンの高揚感や幸せはすごく共感できたと語り、キラキラと目を輝かせながら語る姿が印象的だった。

離れている分、久々に逢えたときの喜びはひとしお。きっと、いつも一緒に過ごせるカップルにも負けない幸せなひとときを過ごしていたに違いない。その後、交際が1年を過ぎた頃に、2人は結婚を決めたそうだ。

久しぶりに逢える嬉しさは、いつの時代も、どんな状況でも変わらない。遠距離恋愛中の人はもちろん、すべての恋人たちの胸をキュンとさせる本作で、遠距離恋愛ならではの“あるある”を見つけてみては?

『すべては君に逢えたから』は丸の内ピカデリーほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top