佐藤健、デビュー当時の“ライダー”の自らの姿に「ありがとう」

佐藤健がスペシャルBOOK「6 1/2 ~2007-2013」、主演映画『リアル~完全なる首長竜の日~』のブルーレイ&DVD、そして昨年に続いてのオフィシャルカレンダー発売を記念し、11月25日(月)に都内劇場でファンを…

最新ニュース レポート
トークイベントに登場した佐藤健
  • トークイベントに登場した佐藤健
  • トークイベントに登場した佐藤健
  • トークイベントに登場した佐藤健
  • トークイベントに登場した佐藤健
  • トークイベントに登場した佐藤健
佐藤健がスペシャルBOOK「6 1/2 ~2007-2013」、主演映画『リアル~完全なる首長竜の日~』のブルーレイ&DVD、そして昨年に続いてのオフィシャルカレンダー発売を記念し、11月25日(月)に都内劇場でファンを招待してのトークイベントを行なった。

「6 1/2 ~2007-2013」は2007年夏から6年半にわたり「週刊TVガイド」に連載してきたコラム「タケルモード」に箭内道彦のディレクションによるグラビア&インタビューを加え、11月29日(金)より3週連続で計3巻が発売となる。6年半分の全コラムにコメントをつけるという作業もあり、現在も「絶賛“作り”中」とのこと。佐藤さんは「オレ、こんなこと言ってたんだ? というのもあります」と少し照れくさそう。

オフィシャルカレンダーは、昨年大好評だったほぼ日めくりカレンダーの第2弾として、「佐藤めくる」(卓上カレンダー)「佐藤かける」(壁掛けカレンダー)の2タイプを発売。12月7日(土)からは発売を記念して、渋谷パルコの特設会場にて「佐藤めくる展」も開催される。遊び心満載の構成になっており、佐藤さん自身も「だいたいがふざけてますからね。やってて楽しかったです。これは絶対に買った方がいいと思います!」とアピールしていた。

また、この日は6年半のここまでの俳優人生をふり返るということで、デビュー作の「仮面ライダー電王」('07)から「ルーキーズ」('08)、「ロッテ・フィッツのCM」('09)、「Q10(キュート)」('10)、『るろうに剣心』('12)、そしてまもなく公開の最新主演映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』('13)まで6体の等身大パネルが登場!

懐かしい姿にファンからは歓声が飛んだが、佐藤さんは「歴史がありますね(笑)」としみじみ。特に18歳のデビュー作「仮面ライダー電王」のパネルを見やり、「記念すべきデビュー作でこれがあってこそ。ありがとう」と少し恥ずかしそうに10代の自分に感謝の言葉をかける。「この頃は毎日、満員電車で撮影所に通ってましたね。頑張ったと思います」と感慨深げだった

この6年半について佐藤さんは「やっているときは目の前のことに100%全力で、いま何をすべきか? という積み重ねで今日がある。成長した実感はないです」と述懐。パネル6体に加え、映画『BECK/ベック』、ドラマ「メイちゃんの執事」など作品ごとの佐藤さんの髪型の変遷もファンにとっては楽しみのポイントだが、佐藤さんは「意識的に変えていた部分はありますね。どんどんイメージを変えたかった。何色にでもなれるのが理想だし、前のイメージをどんどんぶち壊したい」とも。今後については「コメディや特殊メイクの作品をやってみたい!」と意欲も口にした。

年末年始、クリスマスの予定については「全くない。31日の大みそかになるまで予定が決まらない人なので(笑)。クリスマスも同じ。多分、友達と…ラブな話はないでしょうね」と苦笑を浮かべていた。

最後に「ふり返ってみて、改めてみなさんに支えられて仕事ができてるんだと実感しました。本当にありがとうございます」とファンに感謝の思いを語る。さらに「まだ6年半。小学校を卒業したくらいです(笑)。これから中学、高校、大学が本番! いろいろチャレンジしていきたいと思います。一緒に頑張っていけたら」とファンと共にさらなる挑戦を続けていくことを誓った。

スペシャルBOOK「6 1/2 ~2007-2013」は11月29日より3週連続刊行。

『リアル~完全なる首長竜の日~』は12月4日の先行レンタルの後、12月18日よりブルーレイ&DVDがリリース。

オフィシャルカレンダー「佐藤めくる」(卓上カレンダー)「佐藤かける」(壁掛けカレンダー)は予約受付中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top