向井理、ジム通いで肉体づくり!新ドラマ「S-最後の警官-」

向井理、ジム通いで肉体づくり!新ドラマ『S―最後の警官―』

最新ニュース

1月12日(日)よりスタートする日曜劇場『S―最後の警官―』の第1話試写会が、6日東京・六本木の劇場で行われ、主演の向井理をはじめ、綾野剛、吹石一恵、土屋アンナ、高嶋政伸、大森南朋らが出席した。

本ドラマの原作は、ビッグコミックで連載中の同名漫画(原作・小森陽一、作画・藤堂裕)。向井演じる、元プロボクサーで警察庁の特殊部隊・NPSに所属する神御蔵一號(かみくら いちご)と、綾野剛演じる、警視庁の特殊部隊・SAT随一のスナイパーである蘇我伊織(そが いおり)の活躍を描いた物語だ。この日は、ドラマ放送前ながら映画化も発表された。

今作では、豪快なアクションやボクシングに挑戦している向井は、「10月から撮影だったので、9月はジムに通い詰めたし、それからたばこも辞めています」と、役作りに相当気合いを入れている様子。また今後、水辺が凍るような極寒の中、丸太を担いで、川の濁流の中を100kmも走るシーンもあるという。向井は、「ドラマも映画に近い作り。実話や緻密な取材に基づいて作られた原作の持つパワーやリアリティに突き動かされて、演じています」と意気込み、作品のクオリティについても、「第1話でこれだけすごいので、これからどんどん派手になっていきます。最後まで付き合ってやってください」と呼びかけた。綾野も「特殊部隊は、情報が表に出ていない分敷居の高いものと思われがちですが、(本作は)堅苦しい話ではなく、皆が持っている“同胞を殺さない”という感覚を示している作品です」と語った。

同い年の向井と綾野は、今回が初共演。綾野が向井について「いちいち自分のことを話さなくてもわかり合えるので楽です。かっこつけることなく向き合えています」と語ると、向井も同調した。また、一號の幼なじみの看護師・棟方ゆずるを演じる吹石も、2人と同い年。吹石が「今日の試写会の待ち時間に、共演の皆さんに『指相撲をしよう』と誘ったのですが、誰も応じてくれませんでした。その中でも、向井くんは『やらない』とはっきり答えてくれて……(笑)」と冗談めかして嘆くと、共演者陣は思わず苦笑。向井が「フランクなんですが、結構変わっていて面白い人なんです」と吹石の印象を明かすと、会場も笑いの渦に。向井に「何か(吹石に関する)エピソードは?」と尋ねた司会に、吹石はすかさず「ないです!」と答え、大慌てで制止していた。

向井演じる、明るくて人懐こい一號と、綾野演じる、冷静沈着な伊織の衝突や、ボクシング仕込みのパンチを武器に繰り広げる一號のアクションに期待したい。


■日曜劇場『S―最後の警官―』
2014年1月12日(日)スタート
毎週日曜21:00~21:54(TBS系)
※初回放送は20:54~22:13(25分拡大)

【出演】
向井理 綾野剛 吹石一恵 池内博之 平山浩行 高橋努 平山祐介 本宮泰風 淵上泰史 本田博太郎 朝加真由美 菅原大吉 土屋アンナ 高嶋政宏 近藤正臣(特別出演) 大森南朋


関連リンク

向井理が「20年ぶりに男性と手を繋ぎたい」という夢に協力!『さんま・玉緒の夢をかなえたろかSP』
MISIA新曲、向井理&綾野剛出演の新ドラマ『S-最後の警官-』の主題歌に決定
土屋アンナ、胸パッドを2、3枚入れて肉食系女子に!?『S-最後の警官-』で連ドラ初出演
ヒロイン吹石一恵「向井理さんはMr.パーフェクト!綾野剛さんの艶かしさに圧倒」新ドラマ『S(エス)―最後の警官―』
向井理&綾野剛がSAT役で豪快アクション!『S(エス)―最後の警官―』が来春スタート

向井理、ジム通いで肉体づくり!新ドラマ『S―最後の警官―』

《》

関連ニュース

特集

page top