綾瀬はるか×長澤まさみ×夏帆×広瀬すずで“四姉妹” 実写映画化『海街diary』

最新ニュース

綾瀬はるか(長女)&長澤まさみ(次女)&夏帆(三女)&広瀬すず(四女/異母妹)/映画『海街diary』
  • 綾瀬はるか(長女)&長澤まさみ(次女)&夏帆(三女)&広瀬すず(四女/異母妹)/映画『海街diary』
  • 綾瀬はるか(長女)&長澤まさみ(次女)&夏帆(三女)&広瀬すず(四女・異母妹)/「海街diary」 -(C) 吉田秋生/小学館
  • 「海街diary」表紙 -(C) 吉田秋生/小学館
  • 「海街diary」表紙 -(C) 吉田秋生/小学館
  • 是枝裕和(監督)
吉田秋生による人気ベストセラー・コミックスを、『そして父になる』の是枝裕和監督が映画化することで話題を集めている『海街diary』。このほど本作の“四姉妹”を、綾瀬はるか(長女)、長澤まさみ(次女)、夏帆(三女)、広瀬すず(四女/異母妹)の4人が務めることが発表され、それぞれからコメントが到着した。

本作の舞台は、海を臨む街・鎌倉。そこで暮らす三姉妹の幸(長女)、佳乃(次女)、千佳(三女)の元に、15年前家を出ていった父の訃報が届く。長い間会っていなかった父の葬儀のため山形に向かった3人はそこで異母妹・すずと初めて出会う。身寄りのなくなった彼女が、葬儀の場で大人たちの中で毅然とふるまう姿に幸は別れ際、すずに「いっしょに暮らさない?」と提案する――。

本作で四姉妹の長女・香田幸役には、綾瀬はるか。家長である責任を強く感じ、四姉妹をまとめるしっかり者だ。そんな幸とは正反対に酒好きで年下の男に弱い次女・香田佳乃役には長澤まさみ。そんな姉2人をマイペースに見守る三女・香田千佳役に夏帆。そして、幸たちの異母妹である四女・浅野すず役には広瀬すず。そんな4人からはコメントも到着。

<綾瀬はるか/幸役>
本格的な撮影は夏からですが、先日少しだけ撮影しました。早朝ということもあり、私にとっては静かにはじまった作品ですが、監督やスタッフのみなさん、共演者のみなさんと、海街・鎌倉に暮らす姉妹たちの息吹きを感じる様な物語をお届けしたいと、新たな挑戦に心は燃えています。

<長澤まさみ/佳乃役>
今回『海街diary』という素晴らしい作品で是枝組に参加できること、幸せでなりません。是枝監督の力、人間力には特別なものを感じ、魅了されます。四姉妹が、生き生きとエモーショナルに映画の中で存在できるよう演じられたらと思っています。

<夏帆/千佳役>
吉田秋生先生原作の「海街diary」を是枝監督が撮る! ということだけでもとても魅力的で、さらに素敵な共演者のみなさまとお芝居できるなんて、今年はうっとりするぐらい充実した夏になりそうです。丁寧に真摯にこの姉妹と向き合っていきたいとおもってます。
<広瀬すず/すず役>
今回、海街diaryに出演させて頂く事になりました。
素晴らしい監督とキャストの皆さんの中で、私も一緒に『海街diary』という作品に参加させて頂けることが凄く嬉しいです。原作の漫画のファンの方にとっても、色々な思いのある作品だと思います。そして、役名が名前と同じ「すず」ということにびっくりしました。役名を聞いて、「すず」が一気に近い存在になりました。初めて台本を読まずに撮影に挑みます! 私自身とてもプレッシャーや不安はありますが、全力を出して素敵な作品にしたい、と強く思っています。「海街diary」が「すず」がたくさんの方に愛されるよう、みなさんに支えてもらいながら頑張ります!

この“四姉妹”のキャスティングについて是枝監督自身、「まず『今、誰を撮りたいか』を最優先に考えました。もちろん姉妹に見えるよう4人の相性やバランスも重視しましたが、理想的な四姉妹が出来上がったと思っています」と満足そうな様子。

さらに、それぞれの女優たちの起用の理由についてもコメントを寄せている。

「綾瀬さんはどちらかというと、自由な次女の役の方が彼女のこれまでの役のイメージに近いと思うのですが、彼女の別の顔を撮りたいと思いました。四姉妹の顔合わせの際、立ち稽古をしてもらいましたが、すでに彼女の中にはしっかり者の長女がいて、見事に長女の振舞をしていました。その様子を見て、『この映画は大丈夫だ』と確信しました」。

「長澤さんは『奇跡』でちょっとだけご一緒しましたが、またぜひ撮りたいと思っていた女優さんです。次女の役もぴったりだと思います。綾瀬さん演じる長女と長澤さん演じる次女の姉妹喧嘩や、かけ合いが本作の基調となるリズムをつくっていくと考えています。このおふたりのやり取りは、『いつまでも見ていたい』そう思わせるものがありました」。

「夏帆さんはマイペースな雰囲気が原作の三女に近いと思います。これまでのお芝居もずっと注目していて、コメディからシリアスな役まで、とても幅広く繊細に表現できる女優さんだと思っていました」。

「四女のすず役はオーディションで選んだのですが、その場にいたスタッフ満場一致で広瀬さんに決まりました。広瀬さんを見たときに『“すず”がここに居る』と思えたのです。4人での立ち稽古の際も、先輩たちを相手に動じず、新人とは思えない在り方が頼もしかった。役に入り込み太い芝居をする、将来がとても楽しみな女優さんです」。

この見目麗しい4人の女優が、果たしてどんな“四姉妹”となってスクリーンの中を生きるのか、更なる注目が集まりそうだ。

映画『海街diary』は2015年初夏、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top