【特別映像】人気急上昇中!新星“英国男子”テオ・ジェームズ 『ダイバージェント』

原作シリーズは全世界2,100万部を突破、映画化は全米初登場1位を記録し、全世界で2.6億ドルを超えるメガヒットとなった『ダイバージェント』。本作で、“第2のジェニファー・ローレンス

最新ニュース
テオ・ジェームス/『ダイバージェント』TM & (C) 2013 Summit Entertainmet, LLC. All Rights Reserved.
  • テオ・ジェームス/『ダイバージェント』TM & (C) 2013 Summit Entertainmet, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ダイバージェント』TM & (C) 2013 Summit Entertainmet, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ダイバージェント』TM & (C) 2013 Summit Entertainmet, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ダイバージェント』ポスター TM & (C) 2013 Summit Entertainmet, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ダイバージェント』TM & (C) 2013 Summit Entertainmet, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ダイバージェント』TM & (C) 2013 Summit Entertainmet, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ダイバージェント』TM & (C) 2013 Summit Entertainmet, LLC. All Rights Reserved.
  • -(C) 2014 Summit Entertainmet, LLC. All Rights Reserved.
原作シリーズは全世界2,100万部を突破、映画化は全米初登場1位を記録し、全世界で2.6億ドルを超えるメガヒットとなった『ダイバージェント』。本作で、“第2のジェニファー・ローレンス”といわれるシャイリーン・ウッドリー演じるヒロインを導く戦士役に抜擢され、人気急上昇中の新星・英国俳優テオ・ジェームズの超絶イケメンぶりと、自らこなしたアクションシーンが満載の特別映像が解禁となった。

近未来――。たった一度の性格診断により、【勇敢】【高潔】【平和】【無欲】【博学】という5つの共同体に分けられた世界で、トリス(シャイリーン・ウッドリー)はどの共同体にも当てはまらない“異端者”(ダイバージェント)。

その世界では、“異端者”は人類を滅ぼすとされ、危険分子と見なされている。トリスは結果を偽り、軍事・警官の機能を担う【勇敢】に加入、戦士のフォー(テオ・ジェームズ)と出会うのだが…。

主人公・トリスを演じたシャイリーン・ウッドリーが、いまハリウッドで最も有望な若手女優だとすれば、本作でフォーを演じたテオ・ジェームズは、昨今ベネディクト・カンバーバッチ、トム・ヒドルストンらを筆頭に女性から熱い支持を受け、ハリウッドを席巻中の英国俳優において最も期待されている新星のひとり。

『アイアンマン3』にも登場した全英米で人気のTVドラマ「ダウントン・アビー」や、映画『アンダーワールド 覚醒』に出演し、キャリアを重ねてきた29歳の実力派だ。

シャイリーン扮するトリスを強い女性にすべく、教官として厳しく指導するも、時に優しい素顔を見せ、彼女を守り抜こうとするのが、テオが演じる【勇敢】に所属する戦士、フォー。

凛々しい眉に鋭い視線を放つ、どこかエキゾチックな男らしい容姿はもちろん、内面も“強さ”と“優しさ”、そしてどこか“影”を持ち合わせた、男性の理想像ともいうべきフォーをパーフェクトに演じたテオには、すでに世界中の女性が夢中になっているとか。

解禁となった映像の中では、ニール・バーガー監督、トリスを演じたシャイリーン、原作者ベロニカ・ロスらは、テオの演技とアクションがいかに素晴らしかったかをそれぞれが熱く語る。特にアクションと格闘シーンについては、スタントマンを使わず、何とほぼ全てのシーンを自らこなしたという。



シャイリーンも「役の上でもタフだけど、実際の彼もとっても強いの」と絶賛。彼の肉体的強靭さはもちろん、役柄とも共通するチェレンジングでタフな精神がテオには備わっており、彼の才能と努力の賜物が“フォー”をいっそう魅力的なキャラクターしたことが伝わってくる映像となっている。

『ハンガー・ゲーム』シリーズに続く、近未来SFアクション超大作の世界的な大ヒットの秘密が詰まったこちらの映像を、まずはここからチェックしてみて。

『ダイバージェント』は、7月11日(金)よりTOHOシネマズ有楽座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top