渡辺謙、ミュージカル「王様と私」でブロードウェイの舞台に

渡辺謙がミュージカル「王様と私」でブロードウェイの舞台に立つことが決定した…

最新ニュース ゴシップ
渡辺謙-(C) Getty Images
  • 渡辺謙-(C) Getty Images
  • 『GODZILLA』プレミアに参加した渡辺謙-(C) Getty Images
  • 渡辺謙-(C) Getty Images
  • 渡辺謙-(C) Getty Images
渡辺謙がミュージカル「王様と私」でブロードウェイの舞台に立つことが決定した。

日本で舞台俳優としてキャリアをスタートさせ、昨年も三谷幸喜演出「ホロヴィッツとの対話」で舞台に立っている渡辺さんにとってのブロードウェイ・デビューになる。

「王様と私」はマーガレット・ランドンの小説「アンナとシャム王」をもとに、19世紀のタイを舞台に、王家の子どもたちの家庭教師として派遣されたイギリス女性・アンナと頑固なシャム王の交流の物語。渡辺さんはシャム王を演じる。この役はユル・ブリンナーが舞台初演と年の映画版で演じ、アカデミー賞主演男優賞に輝いた。

1999年にはランドンの小説を映画化し、ミュージカル・シーンなしの『アンナと王様』が作られたが、こちらはジョディ・フォスターがアンナを、王様をチョウ・ユンファが演じた。

今回の舞台でアンナを演じるのはトニー賞に5度ノミネートされたケリー・オハラ。「南太平洋」、「マディソン郡の橋」などでオハラと組んだバートレット・シャーが演出を手がける。

「Hollywood Reporter」誌によると、「王様と私」は来リンカーン・センターのヴィヴィアン・ボーモント劇場で来年3月12日からプレビュー公演、4月16日から本公演を予定している。
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top