亀梨和也のピッチングを上地雄輔が大絶賛!「いままで受けた中で一番」

映画『バンクーバーの朝日』の完成披露試写会が10月15日(水)に開催され、上映直後の舞台挨拶に妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、宮崎あおい、石井裕也監督が登壇した。

最新ニュース
妻夫木聡&勝地涼&上地雄輔&宮崎あおい/『バンクーバーの朝日』ジャパン・プレミア
  • 妻夫木聡&勝地涼&上地雄輔&宮崎あおい/『バンクーバーの朝日』ジャパン・プレミア
  • 池松壮亮&勝地涼&上地雄輔/『バンクーバーの朝日』ジャパン・プレミア
  • 妻夫木聡&勝地涼&上地雄輔&宮崎あおい/『バンクーバーの朝日』ジャパン・プレミア
  • 上地雄輔/『バンクーバーの朝日』ジャパン・プレミア
  • 宮崎あおい/『バンクーバーの朝日』ジャパン・プレミア
  • 池松壮亮&石井裕也(監督)/『バンクーバーの朝日』ジャパン・プレミア
  • 妻夫木聡/『バンクーバーの朝日』ジャパン・プレミア
  • 池松壮亮&石井裕也(監督)/『バンクーバーの朝日』ジャパン・プレミア
映画『バンクーバーの朝日』の完成披露試写会が10月15日(水)に開催され、上映直後の舞台挨拶に妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、宮崎あおい、石井裕也監督が登壇した。

戦前、カナダのバンクーバーで日系移民の希望の星となった野球チーム「バンクーバー朝日」の軌跡を描き出す本作。先日、開催されたバンクーバー国際映画祭では見事に「観客賞」に輝いたが、日本で観客の目に触れるのはこの日が初めてとなった。雨がぱらつくあいにくの天気にもかかわらず、開場前から会場の外には長蛇の列が出来ていた。

上映後、妻夫木さんら登壇陣は、会場の後方の扉から、客席の間に敷かれた野球場の芝生に見立てたグリーンカーペットを通って登壇し、喝采を浴びる。妻夫木さんは「日本の方に観ていただき、(観客に)お会いするのは初めてで緊張していますがいかがでしたか?」と呼びかけると大きな拍手が沸き起こり、これには一同ホッとした様子だった。

この日、登壇した男性キャストのほとんどが小学校・中学・高校のどこかで野球に打ち込んだ経験があったが、唯一、チームのキャプテンである妻夫木さんだけがほとんど野球経験がなかったという。妻夫木さんは「すいません(苦笑)、どうしてもやりたかったんです、この作品」と語り、ほかのメンバーに追いつくために自主練習も含め、かなり練習に打ち込んだことを明かす。

亀梨さんは、そんなキャプテンについて「すごく練習されてました。硬式球ってすごく大変なんですよ。グローブもバットも当時のもので、最初は指にボールが当たったりして大変だったんですが、それでもやるところがキャプテンでした!」と称える。

そういう亀梨さんのエースとしての活躍も本作のみどころ! かつて、高校野球の強豪・
横浜高の野球部に在籍し、キャッチャーとして高校時代の松坂大輔投手の球を受けた経験もある上地さんは、本作でもキャッチャーを務めたが「僕がいままで受けた中で一番のピッチャー!」と大真面目に亀梨さんの投球を絶賛! 亀梨さんは「それは松坂さんでしょ(笑)!」と恐縮していたが、客席からは歓声が沸き起こった。

ちなみに、メンバーの中で最も野球が上手いのは誰か? という質問では一同、池松さんを指さす。池松さん自身は「小中高とセンターで1番(バッター)だった」とのこと。およそひと回り年上の妻夫木キャプテンからは「若い! 若さだね。大事だよ(笑)!」と羨望の声も…。

宮崎さんは、そんな朝日軍の面々をスタンドから見守ったが「青春って感じでした。みんなキラキラしてて羨ましかったです」と語る。石井監督も「最高のキャストですから、僕は見守ってるだけでした。チームワークを見せてもらいました」と満足そうにうなずいていた。

『バンクーバーの朝日』は12月20日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top