国内外の最新デザインを発信するイベント、代官山 蔦屋書店「DDD」が今年も開催

最新ニュース

世界最新のデザインを『見て・触って・買える』をコンセプトに、昨年スタートした「Daikanyama Design Department(:DDD)。今年のテーマは「アジアン・クリエイティブ」で、10月24日(金) - 11月3日(月)の期間に開催。
  • 世界最新のデザインを『見て・触って・買える』をコンセプトに、昨年スタートした「Daikanyama Design Department(:DDD)。今年のテーマは「アジアン・クリエイティブ」で、10月24日(金) - 11月3日(月)の期間に開催。
  • DD:WW Ring / STUDIO BYCOLOR
  • Ryosuke Fukusada & Rui Pereira / Industy+
  • 2013年開催時のトークイベントの模様
  • HAY Mini Market
  • kapok(香港)
  • kop / Oy (akiko Oue / ryohei Yoshiyuki)
ファッション・アート・インテリアのイベントが東京で一斉に開催される今月。代官山 蔦屋書店では、今年も国内外の最新デザインとライフスタイルを発信する、買えるデザイン見本市、「Daikanyama Design Department」(DDD)を10月24日(金)~11月3日(月・祝)に開催する。

DDDでは、展示、発表されているもののほとんどすべてが、実際に手に取って購入することができるイベント。会期中は書店内の各所にデザインを「知る・考える・楽しむ」場をつくり、さまざまなデザイナーによるエキシビションが開催されるなど、デザイナーや作り手と接する企画も満載。連日開催されるトークイベントも要チェックだ。「来る2020年。それ以前と以降、東京をどう楽しくするか?」をテーマに、各方面から多彩なゲストが登場する。

メインとなるコンテンツは、世界的にも注目を集めているアジアンクリエイティブで、シンガポール、タイ、台湾、香港、韓国などを拠点に活動する気鋭のデザイナーやブランドをピックアップ。作品を展示販売する。

そのほか、デンマーク発のインテリアプロダクトブランド「HAY(ヘイ)」が、昨年に続き東京で、昨年デビューしたライン「WRONG FOR HAY」と合わせたコレクション展示会を行う。今年4月のミラノサローネで話題となったポップアップショップ「HAY Mini Market」もオープンする。また、ショルテン&バーイングス(オランダ)がデザインする有田焼のテーブルウェアシリーズ「Paper Porcelain」が世界先行発売される。

ファッション、アート、インテリアなど、暮らしを彩るデザインをより身近に感じられる11日間をぜひお見逃しなく。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

特集

page top