『ホビット』シリーズ、映画製作費が史上最高額に

人気映画シリーズ『ホビット』の映画製作費が史上最高額になったようだ。

最新ニュース ゴシップ
『ホビット 決戦のゆくえ』 (C)2014 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 『ホビット 決戦のゆくえ』 (C)2014 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 瀕死のガンダルフ&ガラドリエル/『ホビット 決戦のゆくえ』 (C)2014 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 『ホビット 思いがけない冒険』 -(C)  2012 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.The Hobbit: An Unexpected Journey and The Hobbit, names of the characters, events, items and places therein, are trademarks of The Saul Zaentz Company d/b/a Middle-earth Enterprises under license to New Line Productions. Inc.
  • オーランド・ブルーム(レゴラス役)/『ホビット 竜に奪われた王国』-(C)  2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.
  • 『ホビット 決戦のゆくえ』第2弾ポスター (C)2014 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 『ホビット 竜に奪われた王国』 -(C) 2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.
人気映画シリーズ『ホビット』の映画製作費が史上最高額になったようだ。

12月公開予定の『ホビット 決戦のゆくえ』を含む3作の映画製作費が4億6,400万ポンド(約799億円)にも及ぶことがニュージーランドで公開された財務諸表で明らかになった。

ピーター・ジャクソン監督がメガホンを取るこの人気シリーズは一作一作が超大作にもかかわらず立て続けに撮影されている。ちなみにこの財務諸表の結果は2014年3月までに『ホビット』シリーズにかかった費用であるため、さらに最終経費が加算されることになるようだ。

しかし、1作品における映画製作費最高額はいままで通り『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』の1億8,500万ポンド(約318億円)となっている。途方もない金額に見えるのだが、映画製作会社ワーナー・ブラザースはニュージーランド政府から優遇税制措置を受け7,500万ポンド(約129億円)を取り戻している。この優遇措置はニュージーランドで撮影が行われているジェームズ・キャメロン監督の待望の『アバター』続編にも適用されるという。

財務諸表は20世紀フォックス、キャメロン監督の製作会社ライトストームの間の製作費の分配も記しており、ニュージーランドで行われる映画撮影と視覚効果の費用が2億5,000万ポンド(約430億円)に及ぶことを同国政府は公表している。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top