紀里谷和明、“毛皮反対”苦痛と悲しみを表現「社会問題に逃げずに直視して」

江口洋介主演の『GOEMON』や、ハリウッド俳優モーガン・フリーマンをキャストに迎えて描く『The Last Knights』(仮題)の監督を務めるほか…

最新ニュース スクープ
紀里谷和明が手がけた「毛皮反対プロジェクト」
  • 紀里谷和明が手がけた「毛皮反対プロジェクト」
  • 紀里谷和明/「毛皮反対プロジェクト」映像完成イベント
  • 紀里谷和明が手がけた「毛皮反対プロジェクト」
  • 紀里谷和明が手がけた「毛皮反対プロジェクト」
  • 紀里谷和明/「毛皮反対プロジェクト」映像完成イベント
  • 紀里谷和明が手がけた「毛皮反対プロジェクト」
  • 紀里谷和明が手がけた「毛皮反対プロジェクト」
  • 紀里谷和明/「毛皮反対プロジェクト」映像完成イベント
江口洋介主演の『GOEMON』や、ハリウッド俳優モーガン・フリーマンをキャストに迎えて描く『The Last Knights』(仮題)の監督を務めるほか、PV制作、CMや広告・雑誌のアートディレクションなど新境地に挑み続ける紀里谷和明氏が、自身の多様なクリエイティブ経験を生かし、映像製作に取り組む“社会派”プロジェクト「さあ、一緒に、世界を変えよう!現代の社会問題に鋭く切り込む映像プロジェクト始動!」。

4月よりクラウドファンディングを行い、支援者148名、最終資金調達額は、目標金額1,500,000円を遥かに超え1,825,020円の資金をもとに制作された映像が完成。「YouTube」のKIRIYA PICTURES公式チャンネルにて10月23日(木)より公開がスタートした。



公開された映像作品は約3分間。スクリーンに映し出される自然の景色を背景に立ちすくむ裸の女性、彼女の体には、動物たちの美しい姿が投影されるが、その様子は一変し、捕らえられたミンクやコヨーテなどの動物たちが苦しみ息絶える残酷な映像が映し出される。その苦痛と悲しみを叫ぶ女性の姿がリンクするような映像作品だ。

本作の公開を記念して都内で行われた映像完成イベントでは、紀里谷氏と有志で集まったプロジェクトチームメンバーが登壇。紀里谷氏は、今回制作した映像について「世界中の人に観てもらうことが前提。プロジェクトメンバーで議論を重ねて、起きている事実から逃げずに、毛皮製品の奥にある“痛み”を想像できる、心に刺さる映像にしたいと思って制作した」とコメント。

また、「毛皮は、美しいものであり、醜いものでもある。触ると気持ちいいし、見た目も美しいが、時をさかのぼると生産現場には残酷な事実がある。ダイヤモンドや宝石もそう。そこに違和感や疑問を感じる人は少なくないのでは」と語り、「毛皮問題だけでなく、様々な社会問題に感じる違和感にもっと忠実に、逃げずに直視して欲しい。そしてそれぞれの立場で出来ることをするのが大事」と本作に込めた想いを語った。

さらに、今回のイベントで、本プロジェクトの第2弾制作も発表。社会問題と映像制作が抱える問題を解決する糸口が、 クラウドファンディングにあると考える紀里谷氏は、次回作として、身近に起こりうる「いじめ」をテーマに制作するとのこと。クラウドファンディングサービス「Makuake」では、今後も社会性の高いテーマのプロジェクトをサポートするという。

■公式サイト:
「さあ、一緒に、世界を変えよう!現代の社会問題に鋭く切り込む映像プロジェクト始動!」
https://www.makuake.com/project/kazuakikiriya/
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top