『はじめてのおつかい』25年目で「企業秘密」制作の裏側を初公開!所ジョージ「業界の人はマネしないで」

最新ニュース

2015年1月5日(月)19時から、日本テレビ系で『はじめてのおつかい!爆笑!!25年記念スペシャル』を放送。この度、番組開始25年を記念したスペシャル企画の一環として、“企業秘密”とも言える、子どもをおつかいに行かせるコツや撮影の方法など、番組制作の裏側が初めて公開される。

この企画では、一般の家庭に迷惑をかけてはいけないと、番組に携わって1年目のディレクターが自分の娘をおつかいに出すことに。小さな子どもをおつかいに出す親の苦労や、どうしたら子どもにやる気を出させるか、おつかいに出すコツ、意外な撮影方法など、番組の舞台裏が25年の歴史で初めて明かされる。MCの所ジョージは、「コレ見ても業界の人は決してマネしないで下さいね」とコメント。所が「やっぱりお母さんはスゴイねって思う。男親は全然ダメ(笑)」と語る、ディレクターのダメダメパパぶりにも注目だ。

さらに今回は、過去におつかいに行った子どもが成長して親となり、その娘がおつかいに行くという感動の企画も。番組が始まった年におつかいに行き、今では27歳、パパとなった太郎さんが、娘の凜ちゃんをおつかいに行かせる。当時と同じ、畑の一本道を通るコースで娘がおつかいをするという感動のストーリーだ。これまでも「何回も泣かされてきました」という所は、「なかなか他の番組では見られない、『はじめてのおつかい』だからこその感動。次は、孫が行かないとね(笑)」と、凜ちゃんが成長して子どもをもうけ、三代にわたるおつかいが実現することを期待した。

また、長きにわたって所と共に番組MCを務めてきた森口博子は、「20代から所ジョージさんと御一緒に司会をやらせて頂いておりますが、毎回、子どもたちの健気な頑張りに数えきれない程の感動を頂いております。お母さんの腕の中が世界の中心だった小さな子どもが、一人で新しい世界へおつかいに出かける。勇気を振り絞るだけでも大変な事なのに、道中、家族の事を思いやる心が芽生えている事にも、いつもハッとさせられます。子どもの成長の中に大人の学びが詰まっているのも、この番組の魅力だと思います。子どものハードルも、大人のハードルも同じだと実感。こんな素晴らしい番組の司会をさせて頂き、幸せです。25年目に突入しますが、ずっと追いかけ続けているスタッフの皆さんのパワーにも脱帽です!“はじめてのおつかい”はまさにスタンダードナンバーの様な輝きと、メッセージを発信しているのだと感じています」と、番組の魅力について語った。

2015年で、番組開始から25年目という節目を迎える『はじめてのおつかい』。藤澤季世子プロデューサーは、「番組に携わっていると、“本当に子どもが自分の力でおつかいしているの?”“台本があるんじゃないの?”と多くの方に聞かれます。でも正真正銘、すべてのおつかいでお子さんが自分の力でやり遂げています。年間に撮影させて頂くのは約100件。そのうちで放送に至るのは10分の1程度。実は、撮影させて頂いても、放送していないおつかいの方が多いんです。各ご家庭のお子さん達の“本物の一生懸命”を撮影させてもらっているからこそ、心に響くものが生まれると考えています。今回の25年記念スペシャルでは、その撮影の舞台裏や、おつかいに出すコツなどを、特別に大公開致します」とのコメントを寄せている。

■『はじめてのおつかい!爆笑!!25年記念スペシャル』
2015年1月5日(月)19:00~21:54(日本テレビ系)

【MC】所ジョージ、森口博子
【ゲスト】高田純次、菊池桃子、ダイアモンド☆ユカイ、後藤輝基(フットボールアワー)、田中理恵、川口春奈、橋本環奈

関連リンク
【写真】『はじめてのおつかい』ならではの撮影方法
【動画】所ジョージ、テレビ出演のスタンスを語る!インタビュー@世田谷ベース
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

特集

page top