アンジェリーナ・ジョリー、監督業への移行は“母の死”がきっかけ

最新ニュース

アンジェリーナ・ジョリー -(C) Getty Images
  • アンジェリーナ・ジョリー -(C) Getty Images
  • アンジェリーナ・ジョリー
  • アンジェリーナ・ジョリー -(C) Getty Images
アンジェリーナ・ジョリーは自身の母親が亡くなった後、演じることに対して以前と違う感情を持ったのだという。

2007年に母ミシェリーヌ・ベルトランさんが亡くなって以降、監督業に自身のキャリアを移す決心をしたのは、演じることへのモチベーションを失ったからだとアンジェリーナは語っている。

「これは全て個人的なことなのだけど、母が亡くなったとき、女優であることに対する母の熱望がどれだけ私の女優としてのキャリアを押し上げてきたのかに気づいたわ。そして、私の映画を彼女に見せることができてどれだけ幸せだったのか、そして彼女がどれだけそれを喜んでいたのかってことにも気がついたのよ。だからそんな彼女がいなくなってしまったいま、私のモチベーションは同じではなくなったの」。

第二次世界大戦中に日本軍の捕虜となった元オリンピック選手ルイス・ザンペリーニに焦点を当てた映画『Unbroken』(原題)で監督としてメジャーデビューしたアンジェリーナだが、女優としての活動も今後も続けていくと「The Daily Mirror」紙のインタビューに続けてコメントしている。

「スポットライトを浴びることはあまり好きじゃなくて、他の人々をライトで照らすことの方が好きなのよ。以前ほど好きではなくなってしまったけれど、演じることもまだ楽しむわ。もしそれがとても興味深い役であればね」。

(C) BANG Media International

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top