豪華香港グルメで新春を祝う! 中国料理「彩龍」の「冬の香港フェア」開催

最新ニュース

「横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ」3F 中国料理「彩龍」の「冬の香港フェア」ディナーコース 1月13日(火)~1月31日(土)1万3,200円(サービス料込・税別)。
  • 「横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ」3F 中国料理「彩龍」の「冬の香港フェア」ディナーコース 1月13日(火)~1月31日(土)1万3,200円(サービス料込・税別)。
  • 「横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ」3F 中国料理「彩龍」の「冬の香港フェア」香港的ナイト飲茶バイキング 2月1日(日)~2月15日(日) オトナ6,480円、子供2,980円(サービス料込・税別)。
  • 「横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ」3F 中国料理「彩龍」の「冬の香港フェア」ランチコース 1月13日(火)~2月28日(土)5,500円(サービス料込・税別)。
「横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ」3Fの中国料理「彩龍」では、香港から李潤添(リ ユンティン)氏を招聘し、1月13日(火)~2月28日(土)までの期間で「冬の香港フェア」を開催する。

李氏は、香港、東京の名店で“鍋の達人”として名を馳せる料理人で、1997年にウェスティンホテル東京「龍天門」で同ホテルの中国料理料理長の陳啓明(チン ケイメイ)氏と出会い、当時ミシュラン一つ星獲得にも貢献した同僚だった縁で、今回の企画が実現したという。陳氏は、昨年5月に同ホテルに入社したが、2010年、2011年にはミシュランの星を連続で獲得した手腕を持ち、グルメな人々の間では既に「彩龍」の評判は高まっている。

同フェアの期間中、両氏がコラボして贈る選りすぐりの香港メニューコースをランチ、ディナーで展開したり、香港流の飲茶バイキングや中国の春節を祝うディナーコース、さらに1月20日(火)には一夜限りの豪華ディナー「ガラディナー THE Hong-Kong」も開催され、「彩龍」は新春から盛りだくさんの内容で幕を開ける。

ランチコースでは、「いいスープがあれば、余計なものはいらない」と言い切る陳料理長が自ら手間暇かけて作り上げた頂湯(ティントン)スープがおすすめ。金華ハムと鶏、豚のすね肉だけで取ったスープは、旨みが凝縮され金色に輝く絶品。

ディナーコースでは、吉浜産(岩手県大船渡市)の国産の高級干し鮑を使用した姿煮込みを提供したり、海鮮や旬の野菜の中から好みの食材をお好きな調理法でオーダーできるメニューなどもある。

2月21日(土)から翌22日(日)にかけては、陳料理長が同行しての1泊2日グルメツアー「Stay 横濱 in 香港 style」も行われる予定で、横浜中華街を散策&ランチを楽しんだり、市場で選んだ食材を陳総料理長と相談して調理法やメニューを決めた特別なディナーを「彩龍」で味わうなど、新しいホテルでのレストランの楽しみ方を体験できる。料金は、宿泊と食事(朝・昼・夜各1回、香港スイーツ、カクテル1杯)で5万円(サービス料・税込)。定員30名。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

特集

page top