このシズル感たまらない! 今年一発目の必食のビーフステーキサンド

1月13日(火)より東京・品川の「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」では、「大自然を食べよう」をテーマに、オーストラリアグルメフェスタを開催する。ランチタイムのビーフサンドは必食!

最新ニュース
1月13日(火)より東京・品川の「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」で開催となるオーストラリアグルメフェスタにて。ランチタイムの「ビーフステーキサンドウィッチ フライドポテト添え」(2,600円 税・サービス料別)。
  • 1月13日(火)より東京・品川の「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」で開催となるオーストラリアグルメフェスタにて。ランチタイムの「ビーフステーキサンドウィッチ フライドポテト添え」(2,600円 税・サービス料別)。
  • 「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」で開催となるオーストラリアグルメフェスタでは、MLA豪州食肉家畜生産者事業団の協力により、ハイクオリティの肉が入荷され、オージー・ビーフとオージー・ラムを中心にしたメニューが展開される。
  • 1月26日(月)、世界的ワインメーカー、トレジャリー・ワイン・エステート日本代表を招いてオーストラリア産ワインの旗手、ペンフォールズワインを楽しむワインメーカーズディナーが「ストリングスホテル東京」にて開かれる。20名限定、料理、ワイン4種込みで、お一人様15,000円。
2014年のグルメシーンに登場したキーワードを見てみると、「プライムビーフ(高級アメリカン・ビーフ)」や「エイジング・ビーフ(熟成肉)」といった言葉が一般的にも浸透し、まさに“肉尽くし”となった。2015年もこの肉ブームは、引き続き盛り上がりを見せそうだ。

年明け、1月13日(火)より東京・品川の「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」では、「大自然を食べよう」をテーマに、オーストラリアグルメフェスタを開催する。オーストラリアといえば、豊かな自然に育まれたグレインフェッドビーフ(穀物肥育牛肉)や、ヘルシーな食肉として日本でもポピュラーになりつつあるオージー・ラム(仔羊)などで知られる。今回、MLA豪州食肉家畜生産者事業団の協力により、ハイクオリティの肉が入荷され、オーストラリア産のお肉の魅力をたっぷり味わえるフェスタとなる。

フェスタでは、ランチとディナーにそれぞれオージー・ビーフとオージー・ラムを中心にメニューが展開されるが、おすすめはランチタイムの「ビーフステーキサンドウィッチ フライドポテト添え」(2,600円 税・サービス料別)。ボリューミーな厚切りのお肉を挟み込んだサンドイッチは、見ているだけで食欲を刺激してくれる。肉は噛み切れるほど柔らか。グレインフェッドビーフならではの、ジューシーで柔らかな味わいを楽しめる必食の一品だ。

グルメフェアは、1月13日(火)~3月31日(火)まで、レストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」にて開催され、1月26日(月)には、世界的ワインメーカー、トレジャリー・ワイン・エステート日本代表を招いてオーストラリア産ワインの旗手、ペンフォールズワインを楽しむワインメーカーズディナーも開かれる。こちらは20名限定、料理、ワイン4種込みで、お一人様15,000円。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

特集

page top