妖艶美女ソフィア・ベルガラ、劇中でも婚前アツアツ!? 『ワイルドカード』

映画

ソフィア・ベルガラ/『WILD CARD/ワイルドカード』(C)2014 SJ Heat Holdings, LLC All Rights Reserved
  • ソフィア・ベルガラ/『WILD CARD/ワイルドカード』(C)2014 SJ Heat Holdings, LLC All Rights Reserved
  • ソフィア・ベルガラ/『WILD CARD/ワイルドカード』(C)2014 SJ Heat Holdings, LLC All Rights Reserved
  • ソフィア・ベルガラ/『WILD CARD/ワイルドカード』(C)2014 SJ Heat Holdings, LLC All Rights Reserved
  • ソフィア・ベルガラ/『WILD CARD/ワイルドカード』(C)2014 SJ Heat Holdings, LLC All Rights Reserved
  • 『WILD CARD/ワイルドカード』ポスター(C)2014 SJ Heat Holdings, LLC All Rights Reserved
  • ジェイソン・ステイサム-(C) Getty Images
  • ソフィア・ベルガラ -(C) Getty Images
いまや、ハリウッドのスタイリッシュ・アクションには欠かせない存在となったジェイソン・ステイサムの主演最新作『WILD CARD/ワイルドカード』が、1月31日(土)より新宿バルト9ほかにて全国公開される。本作でステイサムと共演しているのが、全米ナンバーワン・コメディドラマ「モダン・ファミリー」でもお馴染みのコロンビア人女優ソフィア・ベルガラ。

40歳を過ぎても変わらぬ圧倒的な美貌で、アメリカの映画やTVで活躍し続ける彼女は、先日、恋人との婚約が報じられたばかり。そんなベルガラとステイサム演じる主人公の“意味深”な新場面ビジュアルが、シネマカフェにて解禁となった。

ラスベガスの裏社会で用心棒を生業とする元エリート兵士のニック(ジェイソン・ステイサム)。ある日、何者かに暴行を受け瀕死の重傷を負った元恋人から、犯人の正体を突き止めて復讐してほしいと依頼を受ける。ラスベガスの表も裏社会も熟知しているニックは、すぐさま犯人を見つけ出し、瞬く間に依頼を完遂。だが、その背後には、強大な権力でラスベガスを掌握する凶悪マフィアの存在があった…。

エミー賞「助演女優賞」にノミネートされるなど、ブレイクのきっかけとなった「モダン・ファミリー」に5年以上出演し、ウディ・アレン監督の『ジゴロ・イン・ニューヨーク』や2月28日(土)公開の『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』などでも好演を見せているベルガラ。その多岐に渡る活躍により、USウィークリー誌で「2014年のハリウッドで最も精力的な女性(HOLLYWOOD’S MOST POWERFUL WOMEN OF 2014)」にも選出されている。

彼女が本作で演じるのは、男性の視線を釘付けにする謎めいた女性ドリス。劇中でも私生活さながら愛する男性からロマンチックなプロポーズを受けることになる。アトランティックシティーのカジノ店を任されることになった恋人のオズグッドに一緒に来てほしいとプロポーズされるも、彼女は、「私は3度も結婚に失敗した。向いてない」と首を縦に振ろうとしない。そこで、その場に居合わせたステイサム演じるスゴ腕用心棒・ニックは、旧知の友人オズグッドのためにある芝居に打って出るのだ。

解禁となった場面写真では、ベルガラ演じるドリスはまっすぐ前を向き、凛とした表情をたたえており、自分に待ち構える運命を見据えるかのよう。男性ふたりに挟まれる形で共演したこのシーンについて、ベルガラは「“いたずら坊やたち”を嫌がる人なんているのかしら?」とおどけた表情で意味深なコメントを寄せている。

ラスベガスの裏社会を舞台に、スゴ腕用心棒が腕っ節ひとつで最凶マフィアに立ち向かっていくスリリングな展開が魅力の本作だが、アラフォーとは思えない妖艶美女の心の機微を描くシーンにも、ぜひ注目してみて。

『WILD CARD/ワイルドカード』は1月31日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top