玄里&村上淳ら個性派俳優で描く『水の声を聞く』 「ベルリン国際映画祭」出品決定!

日本・韓国・ヨーロッパを舞台にボーダレスな活躍を続けている女優・玄里が主演を務め、昨年8月に公開された映画『水の声を聞く』。このほど今年2月に開催される、第65回ベルリン国際映画祭に正式出品されることが決定した。

映画
玄里&村上淳/第65回ベルリン国際映画祭「フォーラム」部門に正式出品された映画『水の声を聞く』
  • 玄里&村上淳/第65回ベルリン国際映画祭「フォーラム」部門に正式出品された映画『水の声を聞く』
  • 第65回ベルリン国際映画祭「フォーラム」部門に正式出品された映画『水の声を聞く』
  • 第65回ベルリン国際映画祭「フォーラム」部門に正式出品された映画『水の声を聞く』
  • 第65回ベルリン国際映画祭「フォーラム」部門に正式出品された映画『水の声を聞く』
  • 第65回ベルリン国際映画祭「フォーラム」部門に正式出品された映画『水の声を聞く』
日本・韓国・ヨーロッパを舞台にボーダレスな活躍を続けている女優・玄里が主演を務め、昨年8月に公開された映画『水の声を聞く』。このほど今年2月に開催される、第65回ベルリン国際映画祭に正式出品されることが決定した。

玄里さんを始め、村上淳や趣里など個性派俳優を迎え、大根仁の監督作『恋の渦』でプロデューサーを務めた山本政志が、同作で得た収益を全て注ぎ込み製作したという本作。
物語は、宗教団体「真教・神の水」の教祖になってしまった偽物の巫女・ミンジョンを通して、すがるもののない不安定な現代社会に生きる人々の姿を描いたドラマが展開する。

ベルリン映画祭といえば、2002年に金熊賞を受賞した宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』を始め、2010年には『キャタピラー』で寺島しのぶが「主演女優賞」を受賞、そして昨年には山田洋次監督の『小さいおうち』で黒木華が「主演女優賞」を受賞、本年度は橋本愛の主演作『リトル・フォレスト』が「キュリナリー・シネマ」部門に出品されるなど日本人にとって縁深い映画祭。

今回、本作は新人の発掘、実験映画やより前衛的な作品を選出することを目的に設立された「フォーラム」部門に正式招待されることとなったが、気鋭の女優・玄里さん、監督の山本政志は『闇のカーニバル』『ロビンソンの庭』『ジャンクフード』に続く自身4度目の選出とあってどのような視点から評価されるのか注目だ。

本作は2014年 第88回キネマ旬報ベスト・テン「日本映画ベスト・テン」にて9位に選ばれ、今年3月に開催される香港国際映画祭への正式招待も決定している。

『水の声を聞く』は1月24日(土)から横浜・シネマ ジャック&ベティ、2月14日(土)より大阪シネ・ヌーヴォなど全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top