【特報映像】大島優子、怪しいプロデューサーと箱根路をゆく!? 『ロマンス』

映画

大島優子/映画『ロマンス』-(C) 2015 東映ビデオ
  • 大島優子/映画『ロマンス』-(C) 2015 東映ビデオ
  • 大島優子/映画『ロマンス』-(C) 2015 東映ビデオ
話題作『紙の月』で国内の賞レースを席巻している大島優子が、「AKB48」卒業後初にして6年ぶりに主演する映画『ロマンス』。『百万円と苦虫女』『四十九日のレシピ』を手掛けたタナダユキが脚本・監督を務めることでも注目を集める本作から、特報映像が解禁された。

本作は、大島さん演じる箱根ロマンスカーのアテンデント・北条鉢子が、大倉孝二扮する怪しい映画プロデューサーと出会い、車内を飛び出てて繰り広げる“箱根珍道中”を描くロードームービー。撮影は小田急電鉄の全面協力にも恵まれ、実際にロマンスカーの回送電車を使って敢行。現在は最終的な仕上げ段階に入っているという。

大島さんが実写映画の主演を務めるのは、およそ6年ぶり。宮沢りえの熱演で話題となった『紙の月』では、第39回報知映画賞、第36回ヨコハマ映画祭で「助演女優賞」を受賞、そして第38回日本アカデミー賞で「優秀助演女優賞」を受賞するなど、トップアイドル「AKB48」卒業以降、女優として躍進を遂げている。

今回解禁となった特報映像は、ロマンスカーで乗客に呼びかける大島さんの車内販売の声でスタート。明るい光の差す車内で笑顔を浮かべる大島さんは、アテンダントの制服もぴったり。「実際に動く電車の中で実演できるのか不安でした」とコメントしていたが、なかなか様になっている。



ファンの期待も高まるところだが、穏やかな映像の最後に浮かぶ「サヨナラだけが人生だ。サヨナラだけがロマンスだ。」というキャッチコピーは気になるところだ。

『ロマンス』は2015年秋、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top