岡村隆史、2020年の東京五輪に向けて英語をマスター!?新番組『時間がある人しか出れないTV』

171:1月19日(月)24時56分よりスタートする新番組『時間がある人しか出れないTV』(TBS系列)の収録が9日に同局で行われ、MCを務める岡村隆史と笹川友里アナウンサーが感想などを語った。

最新ニュース
1月19日(月)24時56分よりスタートする新番組『時間がある人しか出れないTV』(TBS系列)の収録が9日に同局で行われ、MCを務める岡村隆史と笹川友里アナウンサーが感想などを語った。

同番組は、岡村が提示する“やってもらいたい、調べてもらいたい”テーマに対し、時間と体力のあるタレントが、時間をかけて地道に挑戦するドキュメントバラエティ。初回は、「時間がある人で『オールスター感謝祭』24年間の総合チャンピオンを調べよう」と題し、番組の歴史の中で最もクイズの正解数の多い、真の総合チャンピオンは誰なのかを徹底調査。長年続いているこの番組は、スタッフが次々と入れ替わっているため継続されたデータが一切ない。その上、番組の最後に発表される順位データのシステムも途中から導入されたという。そんな厳しい状況の中、波田陽区が正月返上で徹底調査をする。

収録を終えた岡村は「1,800人くらいいる出演者の中で、皆勤賞の人がひとりだけということに驚いた。意外な人でした」とコメント。「リアルな結果や色々なデータが手に入って楽しかった。他人任せではありますが(笑)、知りたいことがわかっていくという。家で見たかった番組。自分ではクイズの正解率が高い人などを調べてみたい」と感想を寄せた。

今回ハードな作業をこなした波田陽区に対して、笹川アナは「感謝祭のスタッフよりもスタッフらしくなっていた。TBSにとって重宝するべき資料が出来ました」と感激。岡村は「かなりの時間を使って調べてくれた。ハードすぎて途中で壊れたらしいです。膨大な資料を作った波田陽区が『オールスター感謝祭』に出たいと言っているので、セット転換の時でも良いから出してあげて欲しい」とスタッフ陣に訴えた。

また、時間があったらやってみたいことを聞かれた岡村は、「3ヶ月か半年くらい語学留学して、英語をマスターしたい。ニューヨークに留学していた渡辺直美ちゃんが、たった3ヶ月でも耳が慣れると言っていたので。英語を覚えて、2020年の東京オリンピックでインタビューしてみたい」と野望を告白。これまでも、英語の勉強のためボビー・オロゴンに女性を紹介してもらったこともあるというが、なかなか身につかなかったという。「アメリカ人の女性を紹介してもらったんですが、関西出身の方なんで、気がついたらふたりとも関西弁になっていた。それに、オープンカフェで金髪の外国人と話していると目立ってしまって、何だか気恥ずかしくなってしまって(笑)。しかも、SNSに男性との写真を掲載していて、その横に“LOVE”と書いてあったので、きっと彼氏との写真なんだろうなと思って……。去年辞めてしまいました(笑)」とエピソードを明かした。

また、元ADという異例の経歴を持つ笹川アナに対して岡村は、「会うまではラジオなどで毒を吐いていたけど、会ったら感じの良い人でした(笑)」と好印象を持っている様子。最後に笹川アナは「笑って終わるのではなく、データを掘り下げていく番組、ある意味報道番組で解説していくような気持ちなので、バラエティも報道も情報もすべての要素を盛り込んで頑張りたい」と、岡村も「今後は、体も張った調査方法も出てくるので、面白くなる」と語っていた。

■『時間がある人しか出れないTV』
2015年1月19日スタート
毎週月曜24:41~25:11(TBS系列)
※初回は24:56~25:56

【MC】岡村隆史
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

特集

page top